神奈川県議会 本会議における質問の取り扱いを見直しました

掲載日:2019年2月8日

わかりやすい質問と答弁に向けて

概要

 本県では、平成22年度から分割質問方式を導入し、その結果、本会議の活性化が図られ、県民へのわかりやすさが増しています。

 この効果をさらに一歩進めるため、本会議における質問について、一般質問においては、より一問一答に近づけるよう、質問できる大項目をさらに細分化して答弁を求めることができることとしました(細分化して答弁を求める場合は、再質問の回数も、大項目ごとに2回までとしていたところを、細分化した項目ごとに2回までとしました)。

実施時期

 平成24年度から試行的に取り組むこととしました。

 

 (参考)議会改革検討会議報告書(平成24年3月27日)(PDF:101KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa