米空母艦載機の着陸訓練の実施に抗議する声明

掲載日:2018年4月10日

米空母艦載機の着陸訓練の実施に抗議する声明

 本日、防衛省から突然、米空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練を、本日から6日までの間に厚木基地で実施する旨の連絡があった。
 県や基地周辺自治体が、厚木基地を使用せず、全ての訓練を硫黄島で実施するよう、機会あるごとに要請してきたにもかかわらず、人口密集地域にある厚木基地で再び訓練が実施されることは、極めて遺憾である。
 激しい航空機騒音は、日ごろから騒音被害に苦しめられている多くの住民に、さらに耐え難い苦痛を与え、断じて容認できるものではない。
 恒常的な空母艦載機訓練施設が確保されるまでの間の着陸訓練は、すべて硫黄島で完全実施されるよう、日米両国政府に強く求める。

  平成29年9月1日

神奈川県議会議長 佐 藤  光 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019