米国の臨界前核実験に対する議長声明について

掲載日:2018年10月11日
2018年10月11日
記者発表資料

昨年12月、米国が臨界前核実験を行っていたことが、明らかになりました。核兵器を廃絶し恒久平和を実現することは、唯一の被爆国である日本国民共通の悲願であり、また、多くの米軍基地が存在する神奈川県の県民910万人の強い願いでもあります。このたびの声明は、国際的な核軍縮の流れに逆行する核実験について、桐生議長が神奈川県議会を代表し、これまでの声明に重ね、強く抗議するものです。

資料「米国の臨界前核実験に対する議長声明」(PDF:88KB)

問合せ先

神奈川県議会 議会局政策調査課
課長 田中 電話045-210-7560
調査情報グループ 平澤 電話045-210-7564

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。