議長の活動(平成30年10月分)

掲載日:2018年11月6日

このホームページでは、議長の活動(平成30年10月分)を紹介しております。

※議長の活動トップページはこちらをご覧ください。

平成30年10月24日(水曜日)

  • 平成30年度鎌倉市戦没者追悼式に出席

 平成30年度鎌倉市戦没者追悼式が、鎌倉市関係戦没者のご遺族のご参列のもと、鎌倉生涯学習センターにおいて執り行われました。
 議長は来賓として出席し、戦没者の御霊へ追悼のことばを捧げるとともに、議会としても、二度と戦争を繰り返すことのないよう、平和で豊かな郷土の創造にまい進することを誓いました。

追悼のことばを捧げる桐生議長

追悼のことばを捧げる桐生議長

平成30年10月23日(火曜日)

  • 明治記念大磯邸園「明治150年記念公開式」に出席

 国土交通省、神奈川県及び大磯町が連携して整備を進めている旧伊藤博文邸(滄浪閣)等を中心とした明治記念大磯邸園の一部(旧大隈重信邸他)が、明治改元から150年にあたる本年を記念し、公開されました。
 議長は公開式に来賓として出席し、公開を記念するテープカットをしました。

テープカットをする桐生議長(前列右から2人目)

テープカットをする桐生議長(前列右から2人目)

平成30年10月17日(水曜日)

  • 神奈川県人事委員会から「職員の給与等に関する報告及び給与改定に関する勧告」を受理

 神奈川県人事委員会から「職員の給与等に関する報告及び給与改定に関する勧告」が提出されました。これは、地方公務員法の規定に基づき、職員及び県内民間従業員の給与等の実態を調査するとともに、給与制度の運用及び改善に必要な調査研究を行い、これらの結果と国の給与改定の動向等について報告し、併せて改定が適当と認めるときは勧告を行うものです。
 副議長は「県議会としても、勧告の趣旨を尊重し、適切に議論を進めてまいる所存です」と発言しました。

右から、齋藤副議長、山倉委員長

右から、齋藤副議長、山倉委員長

平成30年10月10日(水曜日)

  • 「ME-BYOJapan2018」オープニングセレモニーに出席

 最新の未病関連商品・サービスを国内外に発信するための展示会「ME-BYOJapan2018」がパシフィコ横浜で開催されました。
 議長はオープニングセレモニーに来賓として出席し、「県議会としても、県民の皆様の健康寿命の延伸と、経済の活性化に向けて、全力を尽くしてまいります」とあいさつしました。

あいさつをする桐生議長

あいさつをする桐生議長

テープカット(左から5人目が桐生議長)

テープカット(左から5人目が桐生議長)

平成30年10月9日(火曜日)

  • 神奈川県監査委員からの「平成30年定期監査結果報告書」を受理

 神奈川県監査委員より「平成30年定期監査結果報告書」(平成29年度対象)が神奈川県議会へ提出されました。
 この報告は、地方自治法の規定に基づき、監査の結果について提出されたもので、議長から「監査結果については、今後の議会審議の参考にするなど、しっかりと対応していきたい」との話がありました。

左から齋藤副議長、桐生議長、村上代表監査委員

左から齋藤副議長、桐生議長、村上代表監査委員

平成30年10月2日(火曜日)

  • 中華民國建国107年雙十節祝賀会に出席

 ローズホテル横浜で開催された中華民国建国107周年を祝う慶祝行事に、来賓として出席しました。
 神奈川県議会は、2008年に当時の台北県議会、現在の新北市議会と友好交流協定を結んで以来、今日まで様々な分野で交流を積み重ねてきました。
 議長は、「台湾は我が国にとってとても身近で大切な友人であり、今後とも末永いお付き合いをしてまいりたい」とあいさつをしました。

来賓のあいさつをする桐生議長

来賓のあいさつをする桐生議長

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる