議長の活動(平成30年7月分)

掲載日:2018年8月8日

このホームページでは、議長の活動(平成30年7月分)を紹介しております。

※議長の活動トップページはこちらをご覧ください。

平成30年7月31日(火曜日)

  • 横浜高等学校野球部及び慶應義塾高等学校野球部が県議会を表敬訪問

 第100回全国高等学校野球選手権記念南神奈川大会で優勝した横浜高等学校野球部と同北神奈川大会で優勝した慶應義塾高等学校野球部が県議会を訪れ、議長、副議長に大会優勝及び甲子園出場の報告を行いました。
 議長は「強豪校がひしめく甲子園でも、チーム一丸となって素晴らしいプレーを見せてください!!」と激励のことばを述べました。

甲子園での試合に対する選手の意気込みを伺う桐生議長

甲子園での試合に対する選手の意気込みを伺う桐生議長

選手、関係者の方々と記念撮影

選手、関係者の方々と記念撮影
(前列右から5人目が桐生議長、6人目が齋藤副議長)

平成30年7月27日(金曜日)

  • 平成30年度北方領土返還要求運動神奈川県民会議総会に出席

 この会議は、北方領土問題に対する県民総ぐるみ運動の展開という趣旨から、民間団体が中心となり、昭和60年に設立され、今年で34回目の総会を迎えました。
 この総会で、桐生議長が同会議の新会長に就任し、「いまだ実現していない北方領土問題の解決に向け、会員の皆様とともに力を尽くしてまいります」とあいさつをしました。
あいさつをする桐生議長

あいさつをする桐生議長

集合写真(前列右から4人目が桐生議長)

集合写真(前列右から4人目が桐生議長)

平成30年7月26日(木曜日)

  • 津久井やまゆり園にて献花

 津久井やまゆり園で発生した事件から2年を迎えた今日、議長と副議長が現地に赴き、献花を行いました。
 献花台の前で黙祷を行い、事件でお亡くなりになった方々に哀悼の意を捧げました。
献花をおこなう議長・副議長

献花をする桐生議長(右)、齋藤副議長(左)

平成30年7月24日(火曜日)

  • 平成30年度神奈川県防災協会通常総会に出席

 議長が会長を務める神奈川県防災協会の平成30年度通常総会に出席しました。
 神奈川県防災協会は、公共土木施設の災害復旧や防災事業の促進を目的に、昭和27年に設立されました。
 議長は、「大阪北部地震や平成30年7月豪雨により被災した地域の1日も早い復興をお祈りするとともに、会員の皆様には県民が安心して暮らせる県土づくりに向け、引き続きご尽力くださいますようお願いいたします」とあいさつをしました。

あいさつをする桐生議長

あいさつをする桐生議長

平成30年7月24日(火曜日)

  • 「かながわ しごと・技能体験フェスタ2018」開会式に出席

 パシフィコ横浜で開催された「かながわ しごと・技能体験フェスタ2018」開会式に、来賓として出席しました。
 このフェスタは、主に小中学校の生徒等を対象に、ものづくりの技能・技術への興味や職業に対する理解と関心を深めてもらうために、神奈川県職業能力開発協会 かながわ技能振興コーナーが主催し、神奈川県が共催して開催されました。
 議長は「ものづくりは我が国の産業を支える根幹であり、このイベントを通して本県のものづくり産業がさらに発展していくことを期待しています」とあいさつし、開会式終了後に会場を視察しました。

来賓のあいさつをする桐生議長

来賓のあいさつをする桐生議長

テープカットをする桐生議長(右から2人目)

テープカットをする桐生議長(右から2人目)

平成30年7月23日(月曜日)

  • 津久井やまゆり園事件追悼式に出席

 一昨年7月26日に県立津久井やまゆり園で発生した事件においてお亡くなりになった19名の方々を追悼するとともに、ともに生きる社会の実現に向けた県の強い決意を示すため、7月23日、津久井やまゆり園事件追悼式が相模女子大学グリーンホール(相模原市南区)で執り行われました。
 議長は追悼の言葉を捧げるとともに、県議会としても、県と共同して定めた「ともに生きる社会かながわ憲章」の実現に向けて全力を尽くすことを誓いました。
追悼の言葉を捧げる桐生議長1

追悼の言葉を捧げる桐生議長2

追悼の言葉を捧げる桐生議長

平成30年7月23日(月曜日)

  • 「ともに生きる社会かながわ憲章」チラシ配りを実施

 障害者支援施設である県立津久井やまゆり園において大変痛ましい事件が発生してから、間もなく2年を迎えようとしています。
 「ともに生きる社会かながわ推進週間」の初日である7月23日、県議会として4回目となる「ともに生きる社会かながわ憲章」のチラシ配りを桜木町駅前で実施しました。
 当日は桐生議長はじめ、齋藤副議長、「ともに生きるワーキンググループ」メンバー等、各会派の議員24名が参加し、憲章の普及啓発を図りました。
 議長は「県議会として、差別を決して許さない共生社会の実現に向けて、より一層力を尽くしてまいります」とあいさつしました。

憲章への賛同を呼び掛ける桐生議長

憲章への賛同を呼び掛ける桐生議長

チラシを配る桐生議長

チラシを配る桐生議長

チラシ配り終了後

チラシ配り終了後(前列右から5人目が桐生議長、4人目が齋藤副議長)

平成30年7月20日(金曜日)

  • 平成30年7月豪雨に対する見舞金を贈呈

 平成30年7月豪雨において多くの人的、物的被害が発生した広島県、岡山県及び愛媛県に対して、被災者支援のため、議長から見舞金を贈呈しました。

見舞金を贈呈する桐生議長(広島県)

広島県東京事務所長(左)に見舞金を贈呈する桐生議長(右)
(広島県東京事務所にて)

見舞金を贈呈する桐生議長(岡山県)

岡山県東京事務所長(右)に見舞金を贈呈する桐生議長(左)
(岡山県東京事務所にて)

見舞金を贈呈する桐生議長(愛媛県)

愛媛県東京事務所長(右)に見舞金を贈呈する桐生議長(左)
(愛媛県東京事務所にて)

平成30年7月12日(木曜日)

  • 平成30年度圏央道・新東名等整備促進大会に出席

 ロイヤルホールヨコハマで開催された「平成30年度圏央道・新東名等整備促進大会」に来賓として出席しました。
 この大会は、圏央道・新東名をはじめとした、神奈川県内の幹線道路網の整備とその利活用等を図り、安全で活力と魅力ある神奈川を実現するため、県内の道路整備期成同盟会及び協議会の4団体が合同で、毎年開催しているものです。
 議長は、「県議会といたしましても、皆さまと力を合わせ、幹線道路網の整備促進にしっかりと取り組んでまいります。」とあいさつしました。

来賓のあいさつをする桐生議長

来賓のあいさつをする桐生議長

平成30年7月1日(日曜日)

  • 第19回神奈川県視覚障害者福祉大会に出席

 座間市総合福祉センターで開催された「第19回神奈川県視覚障害者福祉大会」に来賓として出席しました。
 この大会は、県内の視覚障がい者の方々が一堂に会し、日頃の問題について意見交換を行うことにより、健常者も視覚障がい者も共に暮らせるバリアフリー社会の実現を目指していくことなどを目的とするものです。
 議長は、「県議会といたしましても、すべての人がともに生きる社会の実現と、障害福祉の一層の充実に向けて全力で取り組んでまいります。」とあいさつしました。

視覚障害者福祉大会

来賓のあいさつをする桐生議長

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる