第2回 救護動物特別公開

内容 自然環境保全センターでは、人間の生活の影響で傷ついたり弱ったりした野生動物の救護し自然に帰しています。しかし、中には命は助かってもさまざまな理由から野生復帰できずにセンターで飼育されている動物もたくさんいます。
動物たちは普段は非公開ですが、一部を特別に公開いたします。救護動物を実際に見ることで、動物が傷つく原因や私たちはどんなことに気をつけたらよいのかを知ってください。 

日時 
平成29年4月23日(日曜日) 13時30分から15時30分
※第2回は3月12日を予定していましたが、鳥インフルエンザ防疫対策のため延期させていただきます。

場所 自然環境保全センター 鳥獣保護棟横
申込 不要
雨天時 雨天決行(台風や大雨などの悪天候を除く)
注意事項 感染症などの発生により急遽中止する場合があります。あらかじめご了承ください。

図_場所 

写真_昨年の様子1

保護された原因などをパネルで紹介

写真_昨年の様子2

翼の標本を使っての解説

写真_救護動物

セグロカモメ(後ろ)とゴイサギ(前)


施設のご案内

【開館時間】 9時から16時30分
【休館日】 月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土日祝日の場合は開館)、年末年始
【入館料】 無料

自然環境保全センター「行事のご案内」

アクセス等は自然環境保全センターホームページをご覧ください

お問い合わせ

自然環境保全センター 自然保護課
電話 046-248-6682



神奈川県

このページの所管所属は 自然環境保全センター です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア/国家戦略特区
  • 京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区(特設サイトへ)
  • さがみロボット産業特区
  • 健康寿命日本一をめざして
  • かながわスマートエネルギー計画