特集陳列「金沢文庫×縄文―金沢文庫所蔵の縄文遺物―」

 

深鉢深鉢形土器 縄文時代後期

金沢文庫には、昭和の初めに寄贈された縄文時代の土器、土偶、骨角器、イルカの骨などが所蔵されています。近年の研究で、称名寺貝塚の発見者である赤星直忠博士の調査ノートに記される骨角器など貴重な資料が含まれていることがわかりました(参考:高橋健「金沢文庫所蔵の称名寺貝塚出土の骨角器」『金沢文庫研究』337、2016年)。

本展では、考古学研究者の監修により金沢文庫の縄文コレクションの魅力をご紹介します。


会期:平成29年9月1日(金曜日)から10月29日(日曜日)

開館時間 :9: 00から16:30(入館は16:00まで)

休館日:毎週月曜日(9月18日、10月9日は開館)、9月19日、10月10日

観覧料:特別展「横浜の元祖 寶生寺―寶生寺聖教横浜市文化財指定記念―」のチケットが必要です

一般500円(400円)20歳未満・学生400円(300円)65歳以上200円(100円)、高校生100円 ※中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料 ※()内は団体料金

交通:京急線「金沢文庫」駅東口下車、徒歩12分(快特で品川駅より33分、横浜駅より16分)、シーサイドライン「海の公園南口」駅下車、徒歩10分(JR根岸線「新杉田」駅接続)

 

■関連行事■ 金沢を知る講演会(主催:横浜市金沢区役所、神奈川県立金沢文庫)

「縄文時代の金沢」 講師:千葉 毅氏(神奈川県立歴史博物館学芸員)

平成29年9月2日(土曜日) 13時30分から15時30分 会場:地下大会議室

受講ご希望の方は、8月24日までに金沢文庫HPの「講座申込フォーム」または往復はがき(お1人様、一通まで)に講座名、住所、氏名、電話番号を明記の上、金沢文庫へお申込みください。

神奈川県立金沢文庫HP

お問い合わせ

金沢文庫
電話 045-701-9069
ファクシミリ 045-788-1060



神奈川県

このページの所管所属は 金沢文庫 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア/国家戦略特区
  • 京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区(特設サイトへ)
  • さがみロボット産業特区
  • 健康寿命日本一をめざして
  • かながわスマートエネルギー計画