コミュニティの育て方ー多世代居住のまちづくり  担い手養成講座  受講生募集

 あなたの暮らすまちは、どんなまちにしたいですか? 計画に沿ってまちづくりが進む時代から、住民自らが知恵やアイデアを持ち寄り、子どもから高齢者までの多世代が近くに住み互いに支え合える「多世代居住のまちづくり」の時代へ。住民が主役になって、地域の様々な資源を活用したまちづくりが始まっています。あなたもまちづくりの担い手になりませんか。

  • 全3回の座学・視察会を交えた講座。 単発参加も可能。

  • 定員 各回20名程度

  • 受講料無料

  • 総合コーディネーター:米田佐知子氏(子どもの未来サポートオフィス代表・横浜コミュニティカフェネットワーク世話人)

 【日程】

【第1回】 地域交流の「場づくり」をはじめよう

  ※第1回は定員に達しました。多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。

 多世代居住・地域交流の場づくりはどのように始まり、どうつながりを育てるのか。すでに地域に根ざして活動している地域住民との関係づくりも考え学びます。

日時:2017年7月28日(金曜)19時から21時

会場:mass×mass関内フューチャーセンター(みなとみらい線・馬車道駅徒歩3分、関内駅徒歩10分)

講師:長田英史氏(NPO法人れんげ舎代表理事、合同会社ファロルモ代表、まちだNPO法人連合会会長) 

定員:20名程度 

 

【第2回】 団地資産を活かした新しいコミュニティづくり

 少子高齢化が進む神長川県内の大規模団地のなかで、空き店舗や広場などを一体的に活用することで新たに人を呼びこみ、地域の価値を高める動きが始まっています。その仕掛人に団地再生の秘訣を聞きます。

日時:2017年8月27日(日曜)13時から15時

会場:相武台団地「ひばりカフェ」ほか(小田急小田原線・相武台前駅徒歩19分または神奈川中央交通バス「団地センター前」徒歩約2分)

コーディネーター:原大祐氏(株式会社Co.Lab代表取締役、関内イノベーションイニシアティブ株式会社取締役)

講師:佐竹輝子氏(ひばりカフェオーナー)

定員:20名程度 

 

 【第3回】  子育て世代が取り組むまち育て

 子育て当事者が企画運営するまち歩きツアーや、地域の魅力を掘り起こし、見える化するローカルメディアやマップづくりなど、子育て世代の担い手が増えていくヒントを事例から探ります。

日時:2017年9月12日(火)10時から12時

会場:ふらっとパル茅ヶ崎(JR茅ヶ崎駅徒歩4分)

講師:北原まどか氏(NPO法人森ノオト理事長)

講師:今井幸子氏(つるみ"ままっぷ"を作る会代表)

定員:20名程度 ※第3回のみ保育有り、要事前申し込み

【対象】

 神奈川県内で多世代居住のまちづくり活動に取り組まれる方、取り組みたいとお考えの方なら、どなたでも参加できます。

【申込み期限】

【第1回】2017年7月26日(水曜)※第1回は定員に達しました。多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。

【第2回】2017年8月24日(木曜)

【第3回】2017年9月8日(金曜)

※各回先着順で申込み受付。(定員になり次第受付終了)

募集期間内に定員に達しない場合は、引き続き先着順で申込みを受け付けます。

※申込みは1回分でも、複数回でも可能です。

【申込方法】

講座案内 [PDFファイル/2.55MB]をご覧の上、氏名、年齢、性別、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)、参加希望日を記入し、電子メールまたはファクスで、講座事務局(株式会社ディーワーク)までご連絡ください。

第3回の保育は、4か月以上3歳くらいまでのお子様を対象に、先着3名まで申込みを受け付けます(9月5日まで)。保育料は無料です。申込み時に「保育希望」と明記し、お子様の名前(ふりがな)、性別、生年月日を一緒にご記入ください。なお、1歳未満のお子様は講座にご同伴いただけます。

【応募先】

株式会社ディーワーク(講座事務局)

【ファクシミリ】03-3801-8376

【電子メール】kanagawa@dwork.co.jp

 

お問い合わせ

株式会社ディーワーク内「担い手養成講座」事務局
電話 03-3801-8195 (担当:マナベ、アイカワ)
ファクシミリ 03-3801-8376 (氏名、年齢、性別、住所、連絡先、参加希望日をご記入ください)

県土整備局 住宅計画課 住宅企画グループ
電話 045-210-6539


神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 建築住宅部 住宅計画課 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア/国家戦略特区
  • 京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区(特設サイトへ)
  • さがみロボット産業特区
  • 健康寿命日本一をめざして
  • かながわスマートエネルギー計画