【終了しました】平成28年度消費者力アップ講座(基礎編)

 悪質商法や架空請求などの被害に遭ったり、製品事故等に巻きこまれたりするトラブルが後を絶ちません。こうした被害に遭わないためには、消費者自らが必要な情報を選択し、正しく理解し、行動する力が大切です。この機会に消費生活問題について学習し、被害を未然に防ぐ消費者力をアップしませんか?

日時と内容

     

9月3日

(土曜)

午前

ガイダンス

公益財団法人 消費者教育支援センター 

かながわの消費生活 -最近の相談事例と傾向-

神奈川県消費生活課

午後

マイナス金利時代のお金の貯め方・使い方

ファイナンシャルプランナー
家計の見直し相談センター 藤川 太

9月10日

(土曜)

午前

建築Gメンが教える住宅リフォームのチェックポイント

特定非営利活動法人 建築Gメンの会
            田岡 照良

午後

身近に潜むヒヤリハットと製品事故

明治大学名誉教授  消費者庁参与
元消費者庁事故情報分析タスクフォース
座長          向殿 政男

9月24日

(土曜)

午前

こんな広告にご用心!問題広告の見抜き方

公益社団法人 日本広告審査機構

午後

旅行上手になるための旅行トラブル回避法

一般社団法人 日本旅行業協会
            武田 幸子         

10月1日
(土曜)

午前

スーパー・外食の舞台裏

食品安全教育研究所代表 河岸 宏和

午後

Q&Aで学ぶ!消費者の契約トラブルと法律入門

国士舘大学教授     山口 康夫

10月6日
(木曜)

午前

災害への備えは大丈夫?防災力を身につけよう!

横浜市消防局 横浜市民防災センター

午後

食品の製造現場の工夫を見てみよう!

味の素株式会社 川崎工場

10月8日

(土曜)

午前

かながわから発信!幸せな自分と豊かな未来を創る

明治学院大学国際学部教員
環境運動家       辻 信一

午後

スマホと携帯のトラブルにあわない使い方

ITジャーナリスト   法林 岳之

  「午前」は10時から12時、「午後」は13時から15時 (10月6日の工場見学は15時30分まで) 

会場

 9月3、10、24日、10月1、8日
   神奈川中小企業センタービル(13F 第2会議室)
     (横浜市中区尾上町5-80  JR関内駅北口より徒歩5分 地下鉄関内駅より徒歩2分)

 10月6日
   横浜市消防局 横浜市民防災センター
     (横浜市神奈川区沢渡4-7  横浜駅西口より徒歩約10分)
   味の素株式会社 川崎工場
     (川崎市川崎区鈴木町3-4  京急大師線鈴木町駅から徒歩1分)

対象

  1 県内に在住、在勤、在学の方

  2 原則、6日間すべて受講できる方  

定員

   50人(定員を超えた場合は抽選)

申込み

   「住所」「氏名」「電話番号」を、下記へご連絡ください。

       公益財団法人 消費者教育支援センター

          電話 03-5466-7341   ファクシミリ 03-5466-2051

          ホームページ http://www.consumer-education.jp/2016kanagawa/

   (締め切り) 8月29日(月曜)


かながわの消費生活
 ・消費生活関連講座・イベント・研修のご案内

お問い合わせ

神奈川県消費生活課消費者教育推進グループ
電話 045-312-1121 内線2640
ファクシミリ 045-312-3506



神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 消費生活課 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア/国家戦略特区
  • 京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区(特設サイトへ)
  • さがみロボット産業特区
  • 健康寿命日本一をめざして
  • かながわスマートエネルギー計画