働き方改革の手引き「中小企業こそ、働き方改革を!~働き方改革のすべてがわかる~」

掲載日:2019年3月12日

 長時間労働の是正や人手不足対策、生産性の向上といった課題を解決するためには、各企業において働き方改革に取り組んでいくことが求められています。
 また、平成30年6月に成立した働き方改革関連法が平成31年4月から順次施行されるため、これに的確に対応していくことが喫緊の課題となっています。
 そこで、県では、情報が入手しにくい中小企業における働き方改革の取組を支援するため、働き方改革に取り組むメリットや好事例、具体的な取組の進め方などを解説した手引きを作成しました。

内容働き方改革の手引きの表紙

  • 長時間労働の是正
  • 多様な働き方の整備と非正規社員の待遇改善
  • 女性の活躍推進
  • 若者の雇用推進
  • 育児と仕事の両立支援
  • 介護と仕事の両立支援
  • 病気の治療と仕事の両立支援
  • 障がい者の雇用推進
  • 高年齢者の活躍推進
  • ハラスメント対策
  • 人材開発・キャリア支援
  • 取組事例・取組のヒント 等

「中小企業こそ、働き方改革を!~働き方改革のすべてがわかる~」
表紙(PDF:230KB) 2・3ページ(PDF:1,924KB) 4・5ページ(PDF:1,679KB) 6・7ページ(PDF:2,695KB)
8・9ページ(PDF:2,010KB) 10・11ページ(PDF:1,747KB) 12・13ページ(PDF:3,187KB)
14・15ページ(PDF:1,807KB) 裏表紙(PDF:743KB)

働き方改革に取り組む目的

社会から選ばれる会社づくりをめざす

 働き方改革は、働きやすい職場環境を整備し、社員のスキルアップ・モチベーションアップを図ることで労働生産性を高め、企業の業績アップをめざす「人材活用戦略」です。
 今までの仕事の進め方や職場風土を変えていくのは簡単なことではありません。
 しかし、働き方改革に取り組み、社員に最大限に能力を発揮できる機会が提供できれば、現在働いている社員の定着を促し、新たな優秀な社員の採用も可能となり、事業を継続・発展させていくことができます。
 今こそ、働き方改革を積極的に推進して、"社会から選ばれる会社づくり"をめざすことが必要です。

働き方改革のメリット

企業の成長・発展につながる「働き方改革」

  • 優秀な人材確保・社員の定着
     働き方改革に取り組み、その成果をアピールすることで企業イメージが向上し、採用難の中でもより優秀な人材を採用できます。社員の離職率も減少します。
  • 社員の人材育成
     働き方改革の取組を通じて、社員の人材育成や能力開発につながり、結果として社員の満足度もアップします。
  • 生産性の向上と業績アップ
     不要な業務を見直し、効率化を進めることで生産性が向上し、そのことにより、利益率の向上など業績アップにつながります。
     優秀な人材を確保し業績を向上させるために、助成金などのさまざまな支援策を上手に活用して、働き方改革を推進しましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa