【終了しました】かながわ働き方改革シンポジウム

掲載日:2018年11月2日

概 要

 県内企業における働き方改革を推進するため、神奈川労働局、神奈川県、横浜市、川崎市及び相模原市が共催して、「かながわ働き方改革シンポジウム」を開催しました。

日 時

平成30年11月1日木曜日 13時30分から16時30分まで

会 場

川崎市役所 第4庁舎 2階 ホール(川崎市川崎区宮本町3-3)
JR川崎駅・京急川崎駅より徒歩約10分

内 容

「個人も組織も成長する働き方改革」

第1部 基調講演

第2部 パネルディスカッション

講 師

佐々木常夫氏

元株式会社東レ経営研究所社長

株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役

佐々木 常夫氏 (第1部講師・第2部進行)

  • 経歴

秋田市生まれ ‘63年秋田高校卒。
‘69年東京大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。
繊維事業企画管理部長、プラスチック企画管理部長、経営企画室長などを経て‘01年東レ取締役、’03年(株)東レ経営研究所社長 ‘10年から(株)佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役。
自閉症の長男を含む3人の子どもの世話と肝臓病とうつ病に罹り40回以上の入院を繰り返す妻の世話に忙殺される状況の中でも仕事への情熱を捨てず、さまざまな事業改革に全力で取り組む。東レ3代の社長に仕えた経験から独特の経営観を持つ。

  • 公職

内閣府男女共同参画会議議員や経団連理事、大阪大学法学部客員教授などを歴任。

  • 著書

『完全版 ビッグツリー』『そうか、君は課長になったのか。』『働く君に贈る25の言葉』『リーダーという生き方』(以上、WAVE出版)、『ビジネスマンに贈る 生きる「論語」』(文藝春秋)『それでもなお生きる』(河出書房新社)『実践 7つの習慣』(PHP研究所)『上司の心得』(角川新書)『50歳からの生き方』(海竜社)『リーダーの教養』(ポプラ社)『40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい』(文響社)などのベストセラーがあり発行部数は160万部を超える。
2011年ビジネス書最優秀著者賞を受賞。


「ワーク・ライフ・バランス」のシンボル的存在と言われている。
オフィシャルWEBサイト http://sasakitsuneo.jp/

パネリスト

  • 株式会社協進印刷 代表取締役 江森 克治 氏
  • 株式会社T&S 代表取締役 坂巻 健一郎 氏
  • 湘南信用金庫 理事長 石渡 卓 氏

対象・定員

県内事業所に勤務する経営者・人事労務担当者・管理職の方、ご関心のある方など250名

主 催

神奈川労働局、神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市

後 援

一般社団法人神奈川県経営者協会、神奈川県中小企業団体中央会、一般社団法人神奈川県商工会議所連合会、神奈川県商工会連合会、一般社団法人神奈川経済同友会、神奈川県中小企業家同友会、神奈川県生産性本部、日本労働組合総連合会神奈川県連合会、神奈川県労働者福祉協議会、横浜商工会議所、一般社団法人横浜青年会議所、横浜地域連合、横浜労働者福祉協議会、川崎商工会議所、川崎地域連合、川崎労働者福祉協議会、相模原商工会議所、藤野商工会、城山商工会、津久井商工会、相模湖商工会、相模原地域連合、相模原地域労働者福祉協議会

チラシ

平成30年度かながわ働き方改革シンポジウムチラシ(PDF:1,812KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。