企業のための障がい者雇用ガイドブック「ともに働き、ともに生きる」を作成しました

掲載日:2019年9月2日
2019年09月02日
記者発表資料

障がい者雇用を進めるにあたり、障がい者雇用の経験のない企業からは「どのように雇用に向けて取り組んでよいかわからない」という声があるほか、すでに障がい者を雇用している企業においても、雇用後の職場定着など、課題を抱えながら取り組んでいる企業が多い状況です。
そこでこのたび、県では、障がい者雇用のステップと、ステップごとの取組のポイントや活用できる支援策などをコンパクトにまとめた企業向けガイドブックを作成しました。

1.内容

このガイドブックでは、障がいのある社員の力を活かし、障がい者雇用の支援機関と連携しながら、「ともに働く」職場を実現している企業の声とともに、障がい者雇用のステップなどを紹介しています。

障がい者雇用のステップ

 ステップ1 障がい者雇用に向けた理解を深める

 ステップ2 職務の選定

 ステップ3 雇用に向けた社内環境整備

 ステップ4 採用活動(募集から採用)

 ステップ5 職場定着

障がい者雇用に関する制度

障がい者雇用を支援する主な機関

2.配付部数

6,500部

3.主な配付先

  • 障がい者雇用率制度が適用される県内企業(常時雇用している労働者数45.5人以上の企業)
  • 県主催のセミナー等の参加企業

※県ホームページでも公開しています。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/z4r/cnt/f6949/guidebook.html

問合せ先

産業労働局労働部雇用労政課

障害者雇用促進担当課長 和泉

電話 045-210-5860

障害者雇用促進グループ 大塚
電話 045-210-5871