在籍型出向支援(産業雇用安定助成金、人材シェアマッチング)

掲載日:2021年4月2日

在籍型出向支援

 国では、新型コロナウイルス感染症の影響により事業の一時的な縮小を余儀なくされた企業が、人材が不足している企業との間で「在籍型出向」を活用して従業員の雇用の維持を図る取り組みを支援しています。

産業雇用安定助成金【厚生労働省】

 新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、「在籍型出向」により労働者の雇用維持を図る場合、出向元と出向先の双方の事業主に対して、その出向に要した賃金や経費の一部を助成する「産業雇用安定助成金」が令和3年2月5日付けで創設されました。

 なお、産業雇用安定助成金の詳細は、厚生労働省ホームページでご確認ください。

人材シェアマッチング事業【関東経済産業局】

※関東経済産業局が開設しました「広域関東de人材シェア!」は、令和3年3月31日から一時休止しています。今後、本サイトと同内容のポータルサイトを構築し、公開を予定しています。

※在籍型出向に係る支援を希望される場合には、公益財団法人産業雇用安定センターにお問合せください。

 関東経済産業局では、神奈川県を含む自治体、労働局、公益財団法人産業雇用安定センター等と連携し、新型コロナウイルス感染症拡大の影響下において、従業員を解雇することなく雇用を維持したい企業から、人材が不足している企業へ、「出向」という形態を通して人材を一時的にシェアすることで、雇用維持・失業防止と人材不足解消を同時に目指す仕組みを構築し、集中的な支援を実施しています。

関連リンク

在籍型出向支援(厚生労働省ホームページ)

産業雇用安定助成金(厚生労働省ホームページ)

人材シェアマッチング事業(関東経済産業局ホームページ)

公益財団法人産業雇用安定センター