コラム

掲載日:2018年4月6日

 

ヘルスキーパー(企業内理療師)について

ヘルスキーパー(企業内理療師)とは、理療の国家資格を取得した理療師で、企業に雇用されて、その従業員に施術を行う人のことを言います。理療の施術や健康への助言を通じて従業員の疲労やその他の症状を取り除き、業務の能率向上と健康増進に役立てることを目的としています。

ヘルスキーパー(企業内理療師)はすでに多くの企業で働いており、視覚障害のある方が活躍されている職種のひとつです。

 

テレワークについて

テレワークとは、「情報通信技術を活用した場所と時間にとらわれない柔軟な働き方」を指します。

具体的には、従業員の自宅で仕事を行う「在宅型」、顧客先、移動中の車内などで仕事を行う「モバイル型」、サテライトオフィスなどの施設を利用して行う「施設利用型」などがあります。

テレワークは、通勤が困難な方が就労できるようになるなど、障害のある方に対する雇用機会の拡大を図るための1つの就労方法として期待されています。

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa