雇用要請

掲載日:2021年6月23日
 本県の雇用情勢は、新型コロナウイルス感染症の影響が長引く中、大変厳しい状況にあり、今後、雇用情勢の回復の遅れが見込まれるとともに、業種によってはさらに悪化することが強く懸念さます。
 そこで、本県及び神奈川労働局は、県内の経済団体に新型コロナウイルス感染症の影響下における雇用機会の確保等について書面により要請を行いました。

1 要請日

令和3年6月23日(水曜日)

2 要請先

一般社団法人神奈川県商工会議所連合会 会頭 上野 孝

一般社団法人神奈川県経営者協会 会長 石渡 恒夫

一般社団法人神奈川経済同友会 代表幹事 石渡 恒夫、代表幹事 大矢 恭好

神奈川県商工会連合会 会長 関戸 昌邦

神奈川県中小企業団体中央会 会長 森 洋

3 要請内容

新型コロナウイルス感染症の影響下における雇用維持について

新規学卒者の採用活動の継続について

就職氷河期世代への支援について

若年者、障がい者、女性及び高齢者の雇用機会の確保について

就職に困難を抱える者等の働きやすい職場環境の整備等について

新しい生活様式を踏まえた働き方改革について

4 要請者

神奈川県知事 黒岩 祐治

神奈川労働局長 川口 達三

 

(参考資料)

要請書(新型コロナウイルス感染症の影響下における雇用機会の確保等について)(PDF:3,185KB)

要請書別紙(PDF:265KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa