水道管の凍結防止について

掲載日:2020年12月25日

冬は凍結から水道管を守りましょう

水道管は寒さが苦手、冬は凍結対策をお願いします。

気温が-4℃(マイナス4度)以下になると、水道管が凍り、破裂することがあります。屋外で次のような場所は水道管が凍りやすいので、早めに凍結防止の準備をお願いします。

 「むき出し」になっている水道管

 家の北側などで、日の当たらない場所の水道管

 風当たりの強い場所の水道管

水道管のイラスト

 

水道管の凍結防止方法

 防寒材の取り付け方

「むき出し」になっている水道管や蛇口に、保温材・古い毛布・布きれなどを巻き付け、その上からビニールテープなどを巻いて凍結を防止してください。また、メーターの凍結防止のためには、毛布やタオルをメーターボックスに入れてください。

防寒材の取り付け方のイラストメーター凍結防止

※ 凍結を防ぐためには、糸を引く程度の水を蛇口から流すことでも効果があります。この場合、水道料金がかかりますので、お風呂などに貯めて有効にお使いいただくことをお奨めします。

 

水道管が凍ってしまったら…

凍ってしまった部分に、タオルや布などをかぶせて、その上からゆっくりと「ぬるま湯」をかけてください。なお、蛇口を開けてもすぐに水が出ない場合がありますが、そのような場合でも、蛇口は開けたままにせず、必ず閉め、自然にとけるのを待ってください。

※ 熱湯を急にかけると、水道管や蛇口が破裂することがありますので、ご注意ください。
※ 鉄製の水道管をお使いのお客様は、凍った水道水がとける際に内面の鉄さびがはがれて水が赤くなる場合がありますが、これは一時的なものですので、しばらく水を出してからご使用ください。

水道管が破裂してしまったら…

  1. メーターボックス内のメータバルブを右回しに閉めて、水を止めてください。破裂した部分に布かテープをしっかり巻き付け、応急処置をしてから、すぐに県営水道の指定給水装置工事事業者に連絡して修理しましょう。
  2. メーターボックス内のバルブを閉めても水が止まらない場合、特に道路上に水が流れ出ているときには、路面が凍結して、スリップ事故等の恐れがありますので、神奈川県営水道緊急ダイヤルにご連絡をお願いします。
  3. 水道メーター(ガラス部分)が破損している場合は、メーターバルブを閉め、神奈川県営水道緊急ダイヤルにご連絡をお願いします。

メータバルブ

 

 県営水道の営業所一覧

 神奈川県営水道の水道営業所一覧はこちらをご覧ください。


本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa