漏水調査にご協力を

掲載日:2019年4月10日

県営水道では、貴重な水資源の有効利用を図り、道路陥没等の二次災害を防止することを目的として、地下に埋設されている水道管の水漏れを発見するため、道路や宅地内(公私境界から水道メータまで)で漏水調査を実施しておりますので、みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

漏水調査とは

 漏水調査は、県営水道が委託した専門会社の調査員により、昼夜を問わず、水道管が埋まっている道路などで水が漏れる音を聞きとる作業を行っています。調査員は、特殊な漏水調査機器(音聴棒、漏水探知器など)を用いて、漏水調査を行っております。

宅地内漏水調査の様子 道路の漏水調査の様子
宅地内の漏水調査の様子 道路での漏水調査の様子

 

漏水調査の地域及び時期

 

漏水調査の地域

相模原市内、平塚市内、鎌倉市内、藤沢市内、小田原市内、茅ヶ崎市内、逗子市内、厚木市内、大和市内、伊勢原市内、海老名市内、綾瀬市内、葉山町内、寒川町内、大磯町内、二宮町内、箱根町内、愛川町内

調査時期

平成31年(2019年)4月から令和2年(2020年)3月まで

 

漏水調査にあたっては

  1. 宅地内(水道メータまで)の調査をする際は、必ずお客様にお声をかけさせていただいてから行います。
  2. 宅地内(水道メータまで)の調査で、お客様の建物内に入ることはありません
  3. 調査員は、身分証明書(顔写真入り)を見やすいところに携行し、腕章をつけています。
  4. 道路や宅地内(水道メータまで)の調査に関し、費用をお客様に請求することは一切ありません

 

不審だと思ったら

 不審だと思われた場合は、最寄りの水道営業所(「上下水道使用量のお知らせ」に記載してあります。)へお問い合わせください。