更新日:2022年1月27日

ここから本文です。

「バーチャル開放区2020」開放宣言!!

「バーチャル開放区2020」入賞作品決定!!

コロナ禍で中止している「マグカル開放区」(県庁前日本大通りにおける音楽やダンスなどのパフォーマンスを自由に発表できる空間)の会場をオンライン上に移して、文化芸術オールジャンルの動画を募集し、配信する取組「バーチャル開放区2020」を実施しました。

エッセンシャルワーカーの皆様への応援・感謝をテーマに動画を募集したところ、244作品の応募があり、その中から入賞作品を決定しました!!

/images/83764/visual2020.jpg

受賞作品

1位 『闘うあなたへ』 渡部 歩

tatakau

歌詞やボーカルに力強いメッセージ性あり、聴き入るうちに自然と口ずさみたくなる親しみやすい作品

2位 『自分だけの花』 HANDSIGN

jibun

オリジナル曲「自分だけの花」を全編替え歌に改作し、手話、ダンスを素材に、巧みな処理を駆使したスピード感あふれる作品

3位 『アマビヱ』 チーム「アマビヱ大作戦」

amabie

疫病退散の熱い願いを込めたオリジナル曲『アマビエ』を創り、感謝を込めて歌い上げた説得力のある作品

県民賞 『瑠璃色の地球』 神奈川県立湘南高等学校合唱部

ruriiro

コロナ禍を象徴するマスクやソーシャルディスタンスを保ち、松田聖子の名曲「瑠璃色の地球」を斉唱し、生徒たちの心模様を象徴する湘南の風景が交互に描かれた清々しい作品

審査員

  • 有限会社I.TOON代表 伊藤 有壱
  • 株式会社ジュピターテレコム地域メディア本部プロデューサー 田島 洋一
  • 神奈川県国際文化観光局舞台芸術担当部長 楫屋 一之    

実施概要

(1)募集期間 令和2年6月1日(月曜日)から7月31日(金曜日)まで

(2)募集条件

 ・プロ・アマや個人・団体の別、年齢、住所地、国籍は問わない

 ・「エッセンシャルワーカーへの応援・感謝」をテーマとした文化芸術分野の動画であること

 ・原則5分以内の動画であること

 ・「3密」を回避した動画であること

(3)応募件数 244件

(4)再生数カウント期間 応募受付(動画公開)から8月31日(月曜日)18時まで

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は国際文化観光局 文化課です。