ラグビーワールドカップ2019(TM)期間中の文化プログラム(流鏑馬、浮世絵アート)

掲載日:2019年10月18日

ラグビー観戦×神奈川の文化発信

県庁周辺がアートエリアに変わります。伝統行事・芸能から、最新のデジタル技術を駆使した作品まで見どころいっぱいの文化イベントが開催されます。神奈川の文化を、県内から、日本中から世界中から訪れる方々にアピールします。ぜひご来場ください。

日本大通り流鏑馬

流鏑馬

流鏑馬は、疾走する馬上から的に鏑矢(かぶらや)を射る、日本の伝統的な騎射の稽古や儀式であり、各地の神社や保存会で受け継がれてきました。今回、ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会の準決勝の日に、横浜市中区の日本大通りで初めて開催します。

  • 日時 10月27日(日曜日) 10時~11時30分、14時~15時30分(2回とも同内容)
  • 会場 日本大通り(県庁本庁舎前)
  • 入場料 有料観覧席販売中(一席1,500円) ※無料観覧エリアもあります。

有料席チケットのお求めはこちらから

 

浮世絵アートウイーク2019

浮世絵

日本大通りや、県庁本庁舎敷地内において、「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」や金太郎として有名な「坂田怪童丸(さかたかいどうまる)」など、神奈川ゆかりの浮世絵を、歩道上に設置したスクリーンに投影するほか、日本大通り全体を提灯や行燈(あんどん)等で彩るなど、かつてないアート表現で空間演出を行います。

  • 日時 10月26日(土曜日)~11月3日(日曜日・祝日) 点灯時間 17時~24時(予定)
  • 会場 日本大通り(県庁本庁舎前) 県庁本庁舎

※詳細なプログラムは後日公開します。

 

神奈川伝統・映像アートウォーク2019

伝統芸能

伝統芸能公演、能楽ワークショップ、日本舞踊ワークショップ、生け花パフォーマンスなどの日本を代表する伝統芸術から、アニメーション上映、VR(バーチャルリアリティー)による擬似体験などの現代芸術まで、さまざまなアートを一度に体験できるイベントを実施します。

  • 日時 10月26日(土曜日)・27日(日曜日) 
  • 会場 県庁本庁舎

※プログラムの詳細及びワークショップ申込みはこちら

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa