「マグカルナイトSpecial WEEK!!」を開催!
ラグビーワールドカップ2019TMの決勝に向けて10月28日(月曜日)から11月1日(金曜日)まで毎日開催!

掲載日:2019年10月16日
2019年10月16日
記者発表資料

毎週水曜日、スタンダップコメディやジャズ、お笑い・落語など様々なエンターテインメントを週替わりでお届けしている、マグカルナイト。ラグビーワールドカップ2019TMの決勝に向けて、10月28日(月曜日)から11月1日(金曜日)までをSpecial WEEKとして毎日開催します。
海外の方が楽しめるように英語落語、和楽器による演奏なども行います。飲食しながら気軽に御参加いただけますので、ぜひお越しください!

落語画像

1 日時

令和元年10月28日(月曜日)から令和元年11月1日(金曜日)まで 開演19時

スケジュールの詳細については、「6 公演スケジュール」を御参照ください。

2 場所

ヨコハマスリーエス(横浜市中区太田町4-45 第一国際ビル地下1階)

3 出演者

竹桃泉、新宿コメディクラブ、ポニカロード、ぴんちゃん&まこっちゃん、Sami Elu、

参遊亭遊助、参遊亭浪三

出演者の詳細については、「7 出演者プロフィール」を御参照ください。

4 入場料

1,500円(ワンドリンク付)※今回のイベントでは、投げ銭は行いません。

5 購入方法

会場窓口(当日券)、チケット予約サイトにて取り扱います。

イベントの詳細及び御予約については、以下のURLを御参照ください。

<マグカルナイトSpecial WEEK!!特設サイト>

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/yi4/cnt/f530483/maguculnight-special.html

<チケット予約サイト>

https://www.quartet-online.net/ticket/magculnight

6 公演スケジュール

公演日 開演時間 出演者 ジャンル
10月28日(月曜日)

第一部19時

第二部20時

竹桃泉(3人組ユニット)

筝、尺八、二胡の和楽器演奏
10月29日(火曜日)

19時

(第一部のみ)

新宿コメディクラブ、

ポニカロード

お笑い、アイドル
10月30日(水曜日)

19時

(第一部のみ)

ぴんちゃん&まこっちゃん

クラウン

※サーカスなどで登場する道化師、ピエロ

10月31日(木曜日)

第一部19時

第二部20時

Sami Elu 創作楽器の演奏
11月1日(金曜日)

19時

(第一部のみ)

参遊亭遊助、参遊亭浪三 英語落語

※開場18時30分 ※第一部、第二部の入替なし

7 出演者プロフィール

(1)竹桃泉【10月28日(月曜日)出演】竹桃泉プロフィール

箏、二胡、尺八、ギター、歌による、新感覚の音楽ユニット。2018年10月に結成し、イベントやライブハウスで活動。
ユニット名「竹桃泉」は、演奏者名から1字を取ったもので、箏が「竹」、尺八が「桃」、二胡が「泉」からきている。どこか懐かしいような、心の奥に響く、ジャンルを超えた内面への世界を奏でる。

 

 

(2)新宿コメディクラブ、ポニカロード【10月29日(火曜日)出演】

○ 新宿コメディクラブ

「アメリカズ・ゴット・タレント」を始め、世界中のタレントショー、ステージで活躍している日本人コメディアンで結成された。
「マグカルナイトSpecial WEEK!!」では、新宿コメディクラブに所属する、サイクロンZ、ビックスモールン、ゆんぼだんぷの3組が出演。

・ サイクロンZサイクロンZ画像

「ダンス」と「マジック」と「お笑い」を融合させる、まったく新しい表現をしているパフォーマー。
2012年「R-1ぐらんぷり2012」決勝進出。2015年には、ハリウッドの奇術専門の会員制クラブ、「マジックキャッスル」のマジシャンメンバーのライセンスを取得。メキシコやラスベガスなど海外でも活躍中。

 

・ ビックスモールンビックスモールン

156cmのチロと161cmのグリ、そして183cmのゴンの身長差を生かした”ボディアート”で知られるビックスモールン。
2017年には、プロのエンターテイナーへの登竜門として知られるニューヨークのイベント「アマチュアナイト」の審査に合格し、会場を熱狂の渦に巻き込んだ。現在、国内、海外で活躍中のインターナショナルコメディグループ。

 

 

 

 

 

・ ゆんぼだんぷゆんぼだんぷ

2017年秋に世界的なスター発掘オーディション番組「アジアズ・ゴット・タレント」で準決勝に進出。2018年には「アメリカズ・ゴット・タレント」の準々決勝に進出。その後、世界各国のテレビ番組からもオファーを受けて多数出演。
力士のような大きなお腹を使って音を鳴らす癒しの”音ネタ”で現在、世界中を大いに笑わせている。

 

 

 

 

○ ポニカロード(マグカル応援隊)ポニカロード写真

横浜を代表するアイドルになるため、横浜市でまだまだ知られていないことをPRするために結成。2013年10月に結成、11月より本格始動。
現在は、入船あん、太田あかり、住吉かのん、尾上まなみ、港ゆき、南仲ないろの6人で活動中。
グループ名「ポニカロード」は、活動拠点でもある馬車道が由来。また、メンバーたちの苗字は関内・馬車道周辺の地名・通り名からなる。

 

(3)ぴんちゃん&まこっちゃん【10月30日(水曜日)出演】

ぴんちゃん&まこっちゃん写真○ ぴんちゃん

学校での教職を勤めたのち、現在はクラウン(道化師)として活動中。
当初、クラウンのことは全く知らなかったが、障がいのある生徒たちとの毎日を過ごす特別支援学校教員時代に文化庁の芸術体験のプログラムでクラウンと出会う。それをきっかけに本格的にクラウンを学び始め、G.E-Japanのクラウンコースや、まこっちゃんらが催す「クラウン的な稽古会」で研鑽を重ね、7月のマグカルナイトで晴れてクラウンとしてステージデビューを果たした。
現在は、養護学校卒業生と「クラウン的な稽古会」に参加しながら、グループ「まよぴー」を結成し、特別支援学校や施設などでの公演活動を精力的に展開している。

○ まこっちゃん

2017年に解散した、日本でも有名なアメリカの「リングリング・サーカス(RINGLING BROS. AND BARNUM&BAILEY CIRCUS)」のクラウン専門の養成学校であるクラウンカレッジが、1989年から1991年の間に開設していた日本校「クラウンカレッジ・ジャパン」出身。サーカス等で活躍する現役アメリカ人講師から身体を使った特殊なギャグの技術を直接学び、以降、クラウン・パフォーマーとして全国各地のイベント、テーマパーク、劇場等に出演する。
近年は文化庁の「文化芸術による子供育成総合事業」における特別支援学校での訪問ワークショップも行っている。

(4)Sami Elu【10月31日(木曜日)出演】SamiEluプロフィール

オリジナル自作楽器"Pixiechord"奏者。
アメリカ・ボストン出身。バークリー音楽大学でジャズと作曲を学び、世界で活躍する孤高の音楽家。
廃材とピアノ線を使って、世界に一つだけの木製楽器「Pixiechord」を自ら製作、演奏を開始。
「和」の心を持ち合わせた流浪の音職人が、自然と調和した唯一無二のサウンドを奏でる。
YouTubeで公開された演奏動画は880万再生を突破した。

(5)参遊亭遊助、参遊亭浪三【11月1日(金曜日)出演】

○ 参遊亭遊助参遊亭遊助写真

2014年三遊亭遊三の実践落語教室入門。2015年1月初高座。
その後5年で150回の高座を勤め、60余題の噺を披露。
2018年に日経新聞、2019年に読売新聞及び東京新聞に掲載。
中小企業の歴史を伝える「落語DE社史」や地域落語など創作にも取り組む。
マグカルナイトでは英語落語にも挑戦。

 

 

 

 

 

○ 参遊亭浪三参遊亭浪三

東京都あきる野市出身。早稲田大学劇団木霊(こだま)を経て、つかこうへい劇団に研究生として在籍。退団後、社会人経験を経て2017年より三遊亭遊三の社会人落語教室に参加。
茅ヶ崎市を中心に活動し、年間約30席のペースで高座に上がる。主なネタに古典落語「百川」「干物箱」、英語落語「まんじゅうこわい」等多数。現在、日本語教師として、外国人留学生と日々奮闘中。
目標は「やさしい日本語や英語で、外国人にも落語を広めること」

 

 

<マグカルナイトとは>

スタンダップコメディやジャズ、お笑い・落語などを週替わりでお届けする取組です。飲食しながら、どなたでも気軽にお楽しみいただけます。この取組を通じて、県では、より多くの方々に、様々なジャンルの文化芸術に触れる機会を提供するとともに、そうした文化芸術活動に取り組む人材の育成も図りながら、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、地域のにぎわいをいっそうつくり出します。

8 取材について

当日は取材・撮影が可能です。希望される場合は、前日までに問合せ先に御連絡ください。

問合せ先

神奈川県国際文化観光局文化課

マグカル担当課長 赤池 電話045-285-0760

課長代理 加藤 電話045-210-3806