「横須賀シニア劇団」が誕生!劇団員を募集します!
「ともに生きる」「ともに創る」をテーマに、シニア世代による演劇活動がスタート

掲載日:2019年6月13日
2019年06月13日
記者発表資料
(横須賀市同時発表)

神奈川県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー(マグカル)の取組を通じて、共生社会の実現を後押ししています。
このたび、障がいや年齢などにかかわらず、子どもから大人まで、全ての人が舞台芸術に参加し、楽しめる「共生共創事業」の一環として、「横須賀シニア劇団」が誕生します。シニア世代の皆様におかれましては、是非、御参加ください。

0613bunkapuroguramu0613tomoiki

1劇団の概要

総合チーフコーディネーターとなる横田和弘氏(※)をはじめとした講師陣が、劇団参加者に演劇基礎・ボイストレーニング・ダンス・殺陣など幅広い指導を行います。8月から横須賀市内の施設(横須賀芸術劇場、横須賀市立青少年会館等)で稽古を開始し、今年度末に成果発表公演を行います。
※劇団河童座主宰/演出・劇作家/神奈川県演劇連盟理事長

0613yokotakazuhiro

横田 和弘氏

2劇団参加者の募集

(1)応募資格

  • 60歳以上の男女
  • 週2回稽古に参加できること等


(2)募集期間

令和元年6月17日(月曜日)から7月22日(月曜日)まで
応募方法など詳しくは、「ともに生きるともに創る共生共創事業」のホームページを御覧ください。

https://kyosei-kyoso.jp/

3共生共創事業について

シニア世代が劇団活動に参加することにより、神奈川県が取り組む「コミュニティの再生」や、横須賀市が取り組む「誰も一人にしないまちへ」に貢献することが期待されます。
「横須賀シニア劇団」のほかにも、「ともに生きる」「ともに創る」社会を目指し、障がいや年齢などにかかわらず、子どもから大人まで、全ての人が参加できる「共生共創事業」を行っていきます。

問合せ先

国際文化観光局文化課

マグカル担当課長 赤池
電話045-285-0760

課長代理 加藤
電話045-210-3806