大山地域における文化事業の展開について

掲載日:2019年7月29日
2019年07月29日
記者発表資料
(伊勢原市同時発表)

県は、海外にも強力に発信できる魅力的な観光地の創出に向けて、地元と一体となって大山地域の盛り上げを図っています。大山地域は平成28年度に日本遺産に認定され一層注目度が高まっています。ラグビーワールドカップ2019™に向けて、大山阿夫利神社、伊勢原市及び県が連携し、外国の方にも楽しんでいただけるよう文化事業を展開していきます。

大山地域における文化事業

1 インバウンド薪能「大山火祭薪能」10月2日(水曜日)、3日(木曜日)

2 神話を奏でる「大山一夜祭」 8月12日(月曜日・祝日)

 

1.インバウンド薪能 「大山火祭薪能」

 期間:10月2日(水曜日)、3日(木曜日)

 内容:大山に300年引き継がれ、大山阿夫利神社能楽殿で開催される伝統と格式ある「大山火祭薪能」。「能」は観世流宗家(観世清和師他)、「狂言」には大蔵流狂言(山本東次郎師他)をお迎えして当代最高峰の演技をお見せします。また、外国の方にも楽しめるように、英語併記のパンフレット、イヤホンガイド等を活用して展開します。

場所:大山阿夫利神社社務局(神奈川県伊勢原市大山355)

出演:観世清和 山階彌右衛門 山本東次郎他

主催:大山火祭薪能実行委員会 伊勢原市 日本博文化庁ロゴ

 大山火祭薪能 <大山火祭薪能>

2.神話を奏でる「大山一夜祭」

期間:8月12日(月曜日・祝日)19時00分

内容:大山阿夫利神社の野外能楽殿を舞台に開催される『一夜限りの夏祭り!』。大自然に包まれた空間で、「奏でびと」による生演奏、「誘いびと」による語り。そして、ラストは明るく賑やかな唄の世界に…。時空を超えた『神話の世界』に誘います。

誘いびと:玉井詩織(ももいろクローバーZ)

奏でびと:ヒダノ修一(太鼓・音楽監督)光田健一(キーボード・ボーカル)一彩(太鼓)

チケット:6,000円全席指定(未就学児入場不可)

場所:大山阿夫利神社社務局(神奈川県伊勢原市大山355)

主催:株式会社東京サウンド・プロダクション

※県マグカル推進事業補助金事業

玉井詩織<玉井詩織> ヒダノ修一 <ヒダノ修一>

 

<参考>光の競演2019~大山絵とうろうまつり~

期間:8月10日(土曜日)~8月15日(木曜日)日没~20時30分

内容:大山駅~阿夫利神社下社の周辺を絵とうろうを用いてライトアップ。地域一体で大きな絵とうろうを制作。行灯や竹とうろうも加わり、様々なとうろうのほのかな灯りが3kmにわたる”光の回廊”を作り出します。大山阿夫利神社下社から御覧いただける”プレミアム夜景”との光の競演を是非お楽しみください。

場所:小田急線伊勢原駅北口より神奈中バス4番のりば「大山ケーブル」行き約25分

主催:大山観光振興会 大山観光電鉄株式会社

絵とうろう祭1 絵とうろうまつり2

<大山火祭薪能の主な出演者>および<神話を奏でる「大山一夜祭」の誘いびと・奏でびと>(PDF:466KB)

<取材について>各事業の取材を御希望の方は、下記問合せ先まで御連絡ください

問合せ先

国際文化観光局文化課
マグカル担当課長 赤池 電話045-285-0760

文化プログラムグループ 松井 電話045-285-0220

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。