県民共済みらいホール等において「共生共創事業」を始めます。
~「ともに生きる」「ともに創る」をテーマに文化芸術事業を開始します~

掲載日:2018年7月31日
2018年07月31日
記者発表資料

文化芸術の力で人を引きつけ、地域ににぎわいをつくり出すマグネット・カルチャー(マグカル)の取組を通じて、共生社会の実現を図っていきます。
障がいや年齢などにかかわらず、子どもから大人まで、すべての人が参加し、楽しめる新たな舞台公演等の「共生共創事業」を始めます。

1 開始記念公演 「高齢者演劇集団<さいたまゴールド・シアター>」

日時 平成30年10月13日(土曜)17時00分開演

平成30年10月14日(日曜)13時00分開演

2 場所

場所 県民共済みらいホール(横浜市中区桜木町1-1-8-2 県民共済プラザビル)

3 内容

故・蜷川幸雄芸術監督のもと平成18年に旗揚げされた「さいたまゴールド・シアター」は、67歳から92歳までの36名(平成30年4月時点)のメンバーで構成されており、結成当時から注目を集めている演劇集団です。

演目 ワレワレのモロモロ 

さいたまゴールド・シアターのメンバーの半生を描いた最新作(平成30年5月発表)

発売日 8月1日(水曜) チケットかながわにて先行発売 8月5日(日曜)一般発売

 

4 今後のラインナップ(予定)

日程 内容
2018年11月

ベトナム・ルーン・プロダクション ワークショップ 

(アー・オー・ショー×子ども)

2019年1月 ストリートダンス公演「S.A.K.E.B.U」(ダンス×子ども)
2019年3月

ストップギャップ ダンスカンパニー「エノーマス・ルーム」

(ダンス×障がい者)

2019年3月

かながわ高齢者創作創造プロジェクト「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー」

(身体表現×高齢者)

今後、英国の障がい者と健常者のダンス公演をはじめ、年齢や障がいを越えて活躍するアーティストたちの舞台のほか、子どもから大人まですべての人が参加できるような多彩なワークショップ等を予定しています。ご期待ください。

 

 

問合せ先

神奈川県国際文化観光局文化課

課長 大場 電話045-210-3800
マグカル推進グループ 加藤 電話045-210-3806

 

公益財団法人神奈川芸術文化財団

KAAT神奈川芸術劇場

制作課長 横山 電話045-633-6500

課長補佐 林 電話045-633-6500