平成29年度「演劇づくりお助けワークショップ」※終了しました

掲載日:2017年7月2日
演劇づくりお助けWSのロゴ
未来の舞台人を育てるために・・・・
広く演劇に携わっている方を対象に演劇をつくっていく過程で必要となる様々なノウハウを学びます。
※終了しました

講師

  • 篠原久美子(劇作家。劇団劇作家代表。昭和音楽大学非常勤講師(台本・シナリオ演習))
  • 濱田重行(県立青少年センター舞台技術コーディネーター、よこはま壱座主宰・演出家)

内容

コース・日程(受講の可否は、各応募期限の5日後までにご連絡します。)

(1)大道具コース

日時 時間 講師・内容

1

6月4日(日曜日)

 

 

13時00分から17時00分

講師:濱田重行

舞台の上に、実生活でも使えそうな頑丈で重たい大道具を持ち込むのは邪道。
舞台の大道具を作りたい!でも作り方が…。なあんだ、こうすればよかったのか…。目からウロコの大道具を安く簡単に作るノウハウを、奈落での製作実習で教えます。

2

6月17日(土曜日)

3

6月24日(土曜日)

(2)脚本コース

日時 時間 講師・内容

1

6月10日

(土曜日)

 

 

13時00から17時00分

講師:篠原久美子 アシスタント:坂本鈴

ストーリーは思いつくけど、どう書き始めればいいの?
セリフは書けるけどまとまらない!顧問の先生や部員の誰かが書いた脚本、なんか違う気がするけど何が違うのか分からない…!
そんな「脚本、困った」を、グループワークとレクチャーで楽しく学びます。

2

6月25日
(日曜日)

3

7月1日 (土曜日)

参加費

無料

対象・定員

高校生相当(中学卒業)以上で演劇に携わっており、全日程(3日間)に参加できる方

  • 学校等の演劇部顧問、部員
  • 市民劇団等の指導者、劇団員
  • 高等学校、大学等の演劇サークル部員
  • その他、地域で携わっている初心者の方や演劇に関心がある方など

定員

コース 定員
大道具コース 20名
脚本コース 30名

応募方法

募集は終了しました

お問合せ

県立青少年センター ホール運営課

220-0044
神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-1

電話 045-263-4475 ファクシミリ 045-241-7088

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa