マグカル・パフォーミングアーツ・アカデミー公演2018 ※終演しました

掲載日:2018年8月24日

終演しました。
ご来場ありがとうございました。

バイトショウチラシ画像

マグカル・パフォーミングアーツ・アカデミー2018公演
「バイトショウ~BEST盤~」

2016年夏、Theater In Theater形式で、神奈川県立青少年センターホールの回り舞台の上に客席を仮設して、観客ごと回転させ、360度、劇場のすべてを演技スペースとして上演され話題となった『バイトショウYOKOHAMA-青春篇-』が、2017年に更にブラッシュアップした『バイトショウ-国際篇-』、そして2018年には更なるパワーアップをした『バイトショウ-BEST盤-』が青少年センターホールに帰ってきます。

もちろん大評判の回る客席は継続しミュージカル溢れる神奈川の、ここ青少年センターでしか実現不可能な、この場所で鍛え育ってきた若き俳優たちが熱い思いとともに、360度回転舞台を所狭しと駆け抜けます。歌と踊りと芝居で溢れる舞台をどうぞお見逃しなく。

作・総指揮 横内謙介
音楽監督・作曲 深沢桂子
振付 ラッキィ池田・彩木エリ(イカキック)
演出補 鈴木里沙(扉座)

日時

2018年8月
18日(土曜日)
13時開演/18時開演
19日(日曜日)12時開演/17時開演

会場

神奈川県立青少年センター紅葉坂ホール

神奈川県立青少年センター紅葉坂ホール

料金<全席自由・税込>

  • 一般 2000円(当日2500円)
  • 大学生以下 800円(当日1000円)

※前売券が完売となった場合、当日券の販売はございません。

チケット取り扱い

劇団扉座 

  • 電話 03-3221-0530(受付時間:平日12時から18時まで)

お問い合わせ

  • 劇団扉座 03-3221-0530
  • 青少年センターホール運営課 045-263-4475(9時から17時まで)

 

マグカル・パフォーミングアーツ・アカデミー

このアカデミーは、劇作家・演出家の横内謙介氏を塾長に、神奈川県が舞台芸術の人材を育成するために平成26年10月に開校しました。声楽、ダンス、演技、各分野の一流講師陣による実践的なレッスン、成果発表会、夏のホール公演(ミュージカル)などを通して舞台芸術のアーティストを育てています。

受講生随時募集中です。
神奈川県立青少年センターホール運営課(045-263-4475)までお問い合わせ下さい。

 

主な講師紹介

塾長 横内謙介氏

 

横内謙介氏

(劇作家・演出家・劇団扉座主宰)

1982年、扉座の前身「善人会議」を旗揚げ。以後オリジナル作品を発表し続けている。劇団EXILEや、三代目猿之助スーパー歌舞伎等、外部にも幅広く作品を提供。近年は、わらび座や、坊っちゃん劇場ロングラン公演ミュージカルの作・作詞・演出等、ミュージカル作品も数多く手掛けている。'92年岸田國士戯曲賞受賞。'99年大谷賞を史上最年少で受賞。

講師紹介

深沢桂子

深沢桂子氏(作曲家・音楽監督)

1987年、宮本亜門演出の『I Got Merman』で音楽監督・編曲を務めミュージカルデビュー。以来日本で上演された数々のブロードウェイミュージカルで音楽監督・編曲を務める。'05年から自ら企画、作詞、作曲を手がけたオリジナルミュージカル『VIVA!Forties!』をはじめ、2016年1月上旬の「手紙」では大きな評価を得る。

ラッキィ池田氏

ラッキィ池田氏(振付師)

独創的な発想で数多くのCM、TV、映画、舞台、ドラマ等の振付を手掛ける。あらゆるジャンルの振付をこなす一方自らタレント活動も行っている。

最近ではテレビ東京アニメ『妖怪ウォッチ』オープニング、エンディングの振付を担当。子供に大人気の妖怪体操は作詞、振付。自ら振付し演じたTVCM赤城乳業アイス「BLACK」では2013ギャラクシー賞受賞。

彩木エリ

彩木エリ氏(振付師)

中学校から器械体操を始め、高校ではインターハイ・国体に出場。大学教員免許取得後プロダンサーに転身。アーティストのコンサートツアー、PV、CM、ステージに多数出演。97年に振付師ラッキィ池田氏と結婚。以来CM、TV番組、ドラマ、舞台等数々の作品をラッキィ池田氏と共同で振付を手掛ける傍ら、東宝ミュージカルなど、単独での振付も多数こなす。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる