文化イベントを応援します!令和元年度マグカル推進事業補助金の採択事業(2回目募集分)が決定しました!

掲載日:2019年9月3日

神奈川文化プログラムのロゴマーク

令和元年度マグカル推進事業補助金採択結果発表(2回目募集分)

神奈川県では「マグカル」の取組の一環として、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の機会を捉え、市町村や民間団体等と連携しながら、本県の文化芸術の魅力を発信し、国内外からより多くの方々を引きつける、神奈川文化プログラムを推進しています。

この度、令和元年6月25日(火曜日)から7月24日(水曜日)まで、令和元年度に実施する神奈川文化プログラムの核となる事業について、企画提案募集(2回目)を行ったところ、8件の応募があり、選考会での審査結果を踏まえ、3件の事業を採択しましたのでお知らせします。

「マグカル」:県では、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー略して「マグカル」の取組を推進しています。

 

採択事業

採択件数:3事業

No 申請者(50音順) 事業名
1 株式会社エンテージ

劇メシ 神奈川

2 株式会社コーエーテクモゲームス

金色のコルダ×神奈川フィルハーモニー スプリングコンサート in KT Zepp Yokohama(仮)

3 一般社団法人真鶴未来塾

Creators Town Manazuru「真鶴アート提灯フェスティバル」

上記3事業については、今後、県ホームページ等で紹介していきます。