共生共創事業

掲載日:2019年9月4日

「ともに生きる ともに創る」をテーマにした文化芸術

神奈川県では、「ともに生きる社会かながわ」の実現に寄与するため、文化芸術の分野においても、「ともに生きる ともに創る」を目標に、年齢や障がいなどにかかわらず、子どもから大人まで全ての人が、舞台芸術に参加し楽しめる「共生共創事業」を実施しています。


                  kyousei-kyousou2019  ©bozzo

1 高齢者による劇団・ダンス集団

  • 県内の2地域を拠点に活動する「横須賀シニア劇団」「綾瀬シニア劇団」で、演劇活動に取り組みます。

公演情報は、下の「2 障がい者や高齢者による公演」に掲載します。

※「横須賀シニア劇団」、「綾瀬シニア劇団」の劇団員の募集は終了しました。
 

  • 神奈川県在住の世界的ダンサーである安藤洋子氏を中心とした高齢者によるダンス集団(チャレンジ・オブ・ザ・シルバー)がダンスによる身体表現活動に取り組みます。

チャレンジ・オブ・ザ・シルバーは現在募集中です。 
・10月開催分 詳しくはこちら

2 障がい者や高齢者による公演

演劇や人形劇、音楽、舞踊など様々なジャンルの公演を上演します。

<11月>

ジャンル

障がい者/人形劇

公演名

デフ・パペットシアター・ひとみ「河の童ーかわのわっぱー」

概要

日本で唯一、ろう者と聴者が協力して公演活動を行う人形劇団による人形劇

日時

11月28日(木曜日)14時00分開演 13時30分開場

会場

県民共済みらいホール

JR「桜木町」駅から徒歩3分

みなとみらい線「みなとみらい」駅から徒歩10分

料金

自由席(入場整理番号付) 一般3,000円 子ども(3歳~高校生)1,500円

申込

こちらのページからご確認ください

過去の取組

過去の取組(2019年度)

過去の取組(2018年度)

  bunkapuroguramu-ma-ku    logokyousei-kyousou


本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa