平成29年神奈川県入込観光客調査結果について

掲載日:2018年7月31日
2018年07月31日
記者発表資料

平成29年(1~12月)に神奈川県を訪れた観光客の延人数は2億69万人で、対前年比で1,042万人増加(5.5%増)し、初めて2億人を突破しました。

180731irikomi-suii

1 結果概要

 入込観光客数 2億69万人
(1)日帰り客数 1億8,404万人
 入込観光客数の91.7%を占めており、前年に比べ981万人の増加(5.6%増)となりました。

(2)宿泊客数 1,665万人
 前年に比べ62万人の増加(3.8%増)となりました。

 ※数字の単位未満は四捨五入してあるので、合計の数値等が一致しない場合があります。

 ※詳細は、調査報告書を御参照ください。

2 調査報告書について

 次のホームページにて公開しています。
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ya3/cnt/f80022/p1202217.html

3 平成29年の主な増減の要因(詳細は資料3参照)

(1)大涌谷の火山活動の影響が落ち着いたこと等による箱根・湯河原地域の観光客の増加

 箱根・湯河原地域では、大涌谷の火山活動の影響が落ち着いたこと、箱根町に新たな宿泊施設などがオープンしたことなどをうけて、地域全体で日帰り客が172万人、宿泊客が53万人、合計で225万人増加しました。

(2)大規模イベント実施等による横浜・川崎地域の観光客の増加

 横浜・川崎地域では、横浜市内で「全国都市緑化よこはまフェア」など大規模なイベントを実施したこと、宿泊施設の稼働が好調であったことなどをうけて、地域全体で、日帰り客が972万人、宿泊客が19万人、合計で991万人増加しました。

(3)お盆時期の天候不順及び10月の台風による湘南地域の観光客の減少

 湘南地域では、お盆時期の天候不順や10月に連続して発生した台風の影響により、海水浴をはじめとした「湘南海岸・江の島」などの観光客が減少、さらにイベントの中止等が発生したことなどから、地域全体で、日帰り客が237万人、宿泊客が7万人、合計で244万人減少しました。

 

 資料1 入込観光客数の推移(県内観光地域別)(PDF:236KB)

 資料2 入込観光客数の推移(県内観光地域別)グラフ(PDF:118KB)

 資料3 県内観光地域別 平成29年の主な増減要因(PDF:86KB)

問合せ先

国際文化観光局観光部観光企画課

課長 三浦 電話045-210-5760

観光戦略グループ 飯田 電話045-210-5765

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。