富士箱根伊豆国立公園 大涌谷

掲載日:2019年12月23日

oowakudani

火山としてのダイナミックな箱根を体感

緑豊かな箱根の中で、他とはまるで様相が違う大涌谷。赤茶けた地肌、立ち枯れた木々……、あたり一面の硫黄の臭い。荒涼とした風景が広がります。しかしこれもまた生きている地球の姿。地球の息吹をそのまま感じてください。

大涌谷園地の再開について

箱根山の噴火警戒レベルが1に下がり、大涌谷園地の一部が令和元年11月15日(金曜)から再開されました。

詳しくは、箱根・大涌谷防災情報をご覧ください。

大涌谷噴煙地

大涌谷噴煙地

大涌谷噴煙地

その昔は「地獄谷」と呼ばれた大涌谷。
地面から温泉がボコボコとわき上がるところを見ることができます。
生きた火山を実感させるようなこの光景。実際この大涌谷とその付近では有害な火山ガス(亜硫酸ガス・硫化水素ガス)に注意を促す看板が。長時間の滞在をしないことと、気管支や心臓の弱い人には立ち入らないように注意しています。また、信号装置が設置されていて、火山ガスや気象状況などにあわせて色が変わります。

大涌谷くろたまご館【かながわの名産100選】

kurotamago

黒たまご

大涌谷温泉でゆで上げた名物「黒たまご」。温泉成分が付着して黒い殻のゆで玉子ができあがります。大涌谷園地にある「大涌谷くろたまご館」で購入できます。【かながわの名産100選】

詳細は「大涌谷くろたまご館」HP

箱根ロープウェイ

ropeway

箱根ロープウェイ

展望台から見る大涌谷の景色は迫力満点。荒涼とした山肌と、立ち込める噴煙が、かつて地獄谷と呼ばれていたことを納得させる独特の景色を演出します。ロープウェイに乗っている間も景観スポットがたくさんあり、早雲山から大涌谷へ向かう途中には眼下に広がる谷底の景色が、桃源台方面へ向かう途中には富士山や芦ノ湖の景色が楽しめます。

詳細は箱根ロープウェイHP

箱根ジオミュージアム

箱根ジオミュージアム

箱根ジオミュージアム

箱根火山の魅力と不思議に出会えるミュージアム。大涌谷の地形模型やコラム展示などで、箱根火山の魅力にふれたあとは、野外フィールドの大涌谷で火山の息吹を体験しよう。

詳細は箱根ジオミュージアムHP

 

出展:箱根町観光協会HP箱根の見どころ「大涌谷」、箱根ロープウェイHP、箱根ジオミュージアムHP

2019年12月20日現在、国道138号線は一部通行止めとなっております。
道路状況の詳細はこちらをご確認下さい。
バスの運行状況の詳細はこちらをご確認下さい。

詳しくは、箱根町観光協会HPの見どころ「大涌谷」をご覧ください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa