箱根の温泉スポット

掲載日:2019年11月12日

onnsennbana

箱根十七湯

箱根の温泉

「箱根七湯」として開場以来、現在では「箱根十七湯」に増えた温泉場。「諸国温泉功能鑑」という温泉番付では、七湯すべてが掲載されるなど、病気療養を目的とする湯治の場としても古くから人気がありました。

箱根火山は約40万年前から火山活動が継続し、変化に富んだ火山地形により多数の特徴ある泉質の温泉が湧いています。肌に優しいアルカリ性の単純温泉から殺菌力が高く皮膚炎などに効果的な酸性泉・硫黄泉などなどバリエーションが豊富。温泉場としての歴史は古く、江戸時代には湯治場として栄えました。

箱根湯本温泉/塔ノ沢温泉エリア

箱根湯本駅

箱根湯本駅

小田急ロマンスカーなら新宿から約85分で着く、40軒以上の温泉宿と商店で賑わう箱根の玄関口です。箱根を横断する登山電車の始発駅でもあります。
奈良時代に開湯とされる箱根温泉郷で一番古い温泉地。伝統ある宿から、新しい宿、料理の美味しい宿、団体対応の宿、ひとり旅など、多種多様な旅のスタイルに合う宿がきっとあるはずです。

宮ノ下温泉/小涌谷温泉エリア

胞菜園

蓬莱園

明治時代に日本有数のリゾート地として発展したエリア。
外国人客が多く、大正レトロの雰囲気の建物や宿が多いのも当時からの名残です。
宮ノ下のレトロな商店街セピア通りも人気です。
彫刻の森美術館や、小涌谷ユネッサン、6万平方メートルの蓬莱園など、幅広い年齢層に支持されるのも人気エリアの理由です。

強羅温泉エリア

強羅公園

箱根強羅公園

北は仙石原、東は箱根湯本、西と南からは芦ノ湖へと続く交通機関の要所である強羅は箱根観光の中心地です。
「彫刻の森美術館」や、四季の草花と熱帯植物を観賞できる「箱根強羅公園」など、自然の中で落ち着いた時間を過ごせるレジャースポットも人気。
大文字焼きは、夏場の箱根で1、2を争うイベント。明神ヶ岳に花火が打ちあがります。

仙石原温泉エリア

ススキ

仙石原のススキ

仙石原エリアは、すすき草原や金時山が有名。御殿場からの玄関口で、富士山に一番近いエリアでもあります。
美術館やレストランやホテルも多い高原リゾートです。
ヱヴァンゲリヲンの舞台になったことも話題になりました。

芦ノ湖温泉/芦ノ湯エリア

芦ノ湖

芦ノ湖

遊覧船や、水上スキー、ボートなど、自然とレジャーが楽しめる芦ノ湖エリア。
湖畔や少し離れた場所に位置する宿の数々は、自然に囲まれた閑静な趣。
宿で湖や木々を見ながら寛ぐ時間は、ゆったりした時間になるはずです。熱海、三島、湯河原からもバスが出ていて、静岡から西よりお越しのお客様にも人気のエリアです。

出典:箱根温泉旅館ホテル協同組合

2019年11月5日現在、国道138号線は一部通行止めとなっております。
道路状況の詳細はこちらをご確認下さい。
バスの運行状況の詳細はこちらをご確認下さい。

詳しくは、箱根温泉旅館ホテル協同組合 箱根温泉の宿探し「箱ぴた」をご覧ください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa