平成22年入込観光客数調査

掲載日:2018年5月11日

平成22年神奈川県入込観光客調査結果の概要

1県全体の入り込み観光客の状況

(1)延観光客数

平成22年中に神奈川県を訪れた観光客(入込観光客)の推計延人数(以下「延観光客数」という。)は174,186千人で、前年に比べ9,380千人、5.1%の減少となったものの、過去最高を更新した前年に次ぐ高い水準となった。

延観光客数は、平成元年の160,652千人をピークに減少傾向を示し、平成9年から平成14年までは140,000千人台で推移したが、平成15年には150,000千人台に回復し、平成17年には再び160,000千人台となるとともに過去最高となった。その後さらに伸びて183,566千人(平成21年)となり、5年連続で過去最高を更新したが、平成22年は減少となった。

(2)日帰り客数

平成22年の日帰り観光客の推計延人数(以下「日帰り客数」という。)は、160,467千人で、延観光客数の92.1%を占めており、前年に比べ9,690千人、5.7%の減少となった。

日帰り客数は平成元年の148,936千人をピークに減少傾向を示し、平成10年に120,000千人台となったが、平成11年以降は概ね回復傾向で推移し、平成16年には140,000千人台に回復した。平成18年には150,000千人台に達し、過去最高となった。その後さらに伸びて平成21年は170,157千人となり、4年連続で過去最高を更新したが、平成22年は減少となった。

(3)宿泊客数

宿泊観光客の延人数(以下「宿泊客数」という。)は、13,719千人で前年に比べ310千人、2.3%の増加となった。

宿泊客数は、平成3年の12,921千人をピークに減少傾向にあったが、平成12年以降は順調に回復し、平成18年には13,000千人台に達し、過去最高となった。平成19年、平成20年はさらに伸びて3年連続で過去最高を更新し、平成21年は減少となったが、平成22年は再び増加となった。

2地域別に見た観光客の状況

(1)横浜・川崎地域

横浜・川崎地域の延観光客数は55,128千人で、前年に比べ12,419千人、18.4%の減少となった。

市別にみると、横浜市は22.7%減、川崎市は0.8%減であった。

平成21年に開催された「開国博Y150」関連イベントの集客が大変大きかったことから、APECや技能五輪全国大会が開催されたにもかかわらず、地域全体で1,241万9千人の大幅減となった。

(2)三浦半島地域

三浦半島地域の延観光客数は、14,636千人で、前年に比べ538千人、3.8%の増加となった。

市町別にみると、横須賀市0.2%増、逗子市56.7%増、三浦市0.4%増、葉山町1.2%増であった。

猛暑で海水浴客が増加したことなどにより逗子市において宿泊、日帰り客とも大幅に増加、また、平成21年10月に横須賀市にホテルが新規開業したことなどから、地域全体で53万8千人の増となった。

(3)湘南地域

湘南地域の延観光客数は、46,750千人で、前年に比べ2,910千人、6.6%の増加となった。

市町別にみると、平塚市1.8%減、鎌倉市3.5%増、藤沢市11.1%増、茅ヶ崎市56.5%増、寒川町0.4%増、大磯町6.8%増、二宮町2.8%増であった。

平成21年に中止となった鎌倉花火大会が22年は開催、また、「エノシマトレジャー」、「バレンタインアイランド」など冬季イベントの定着、新江ノ島水族館を舞台にしたドラマの効果による江の島周辺の観光客数の増加、猛暑による海水浴客の増加により、地域全体では291万人の増となった。

(4)箱根・湯河原地域

箱根・湯河原地域の延観光客数は、31,918千人で、前年に比べ44千人、0.1%の減少となった。

市町別にみると、小田原市3.2%減、南足柄市2.7%増、開成町8.1%減、箱根町2.0%増、真鶴町0.4%増、湯河原町5.8%減であった。

全国植樹祭が開催されたことなどもあって箱根町の観光客が宿泊、日帰り客ともに増加に転じたことや猛暑による水辺や山間部への行楽客の増加、小田原「丼サミット」の開催による集客効果があったものの、ETC休日特別割引の影響で本地域が素通りされてしまうことによる日帰り客の大幅減少によって、地域全体で4万4千人の減となった。

(5)丹沢・大山地域

丹沢・大山地域の延観光客数は、13,088千人で、前年に比べ887千人、6.4%の減少となった。

市町村別にみると、秦野市14.3%減、厚木市6.2%増、伊勢原市0.6%増、中井町7.7%減、大井町9.5%増、松田町15.0%減、山北町3.6%減、愛川町11.1%減、清川村18.7%減であった。

厚木市では「神奈川フードバトルinあつぎ」の開催規模の拡大や「B-1グランプリ」の開催による集客効果により、宿泊、日帰り客とも増加だったものの、丹沢を背景とした内陸部のため天候の影響を受けやすく、天候不順などにより他の地域で宿泊、日帰り客ともに減少し、地域全体で88万7千人の減となった。

(6)相模湖・相模川流域

相模湖・相模川流域の延観光客数は、12,666千人で、前年に比べ522千人、4.3%の増加となった。

市町別にみると、相模原市4.2%増、大和市3.2%減、海老名市14.6%減、座間市241.7%増、綾瀬市6.3%増であった。

座間市で開催された「ひまわりまつり」に多くの来客があり、日帰り客が大幅に増加した。

統計データ

このページの先頭へもどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。