肝炎治療受給者証交付申請

掲載日:2019年6月10日

C型ウイルス性肝炎の根治を目的とするインターフェロン治療(少量長期投与を除く)及びインターフェロンフリー治療並びにB型ウイルス性肝炎に対して行われるインターフェロン治療(少量長期投与を除く)及び核酸アナログ製剤治療に係る保険診療(入院及び外来)の医療費のうち、月額自己負担限度額を超えた金額を助成します。

平成26年9月2日から、インターフェロンフリー治療についても対象としています。

対象者

次の3つの条件を満たしている方

  • C型ウイルス性肝炎の根治を目的とするインターフェロン治療(少量長期投与を除く)及びインターフェロンフリー治療並びにB型ウイルス性肝炎に対して行われるインターフェロン治療及び核酸アナログ製剤治療を行う方
  • 神奈川県内にお住まいの方(神奈川県内に住民票を有している方)
  • 国民健康保険や組合健康保険など、公的医療保険に加入している方(他の医療給付制度で給付を受けている方は、原則としてこの制度の対象となりません)

対象となる疾患

  • B型慢性肝疾患
  • C型慢性肝炎
  • C型代償性肝硬変

必要な書類

新規申請を希望する方は、まず、保健予防課の窓口へお越しください。申請書など書類一式をお渡しし、申請手続きについてご説明します。

  1. 肝炎治療受給者証交付申請書※1 
  2. 診断書(肝臓専門医療機関が発行した県指定のもの)※1 
  3. 健康保険証のコピー(申請者の氏名が記載されたもの)
  4. 住民票(世帯全員の続柄の記載があるもの、コピー不可)
  5. 世帯全員の市町村民税の課税年額を証明する書類
    ※市町村民税課税証明書など
    ※未就労の18歳未満の方については省略可能
  6. 市町村民税(所得割)の課税状況調査票※1 
  7. 印鑑

注1) ※1印の書類は、保健予防課にあります。