令和2年度実施 障がいのある人を対象とした神奈川県立学校教育職員[実習助手(総合)]採用候補者選考試験について

掲載日:2020年8月25日

趣旨

この選考は、神奈川県内に在住する障がいのある人を対象に、令和3年度採用予定の神奈川県立学校の実習助手を採用するために実施するものです。

募集人員

実習助手(総合) 10人程度

職務内容

県立高等学校における理科、家庭のほか各教科の実験、実習等について、教諭の職務を助ける。

<具体的な職務内容>

  • 理科実験の教材準備や片付け、実験補助
  • 情報科におけるICT機器の準備、管理及び実習補助
  • 家庭科における調理実習や被服実習の補助
  • 美術、体育等その他教科の教具準備や片付け、実習補助

 ※その他の業務として、資料作成、印刷業務、会計業務等があります。

受験資格

(1)昭和36年4月2日以降に生まれた人

(2)高等学校卒業資格を有すること(令和3年3月卒業見込を含む)

(3)神奈川県内に在住している人

 ※就学等のため一時的に県外に在住していて、家族が県内に在住する人を含みます(本選考の合否に関わらず、令和3年4月1日までに県内に戻る人が対象となります)。

(4)次のいずれかに該当する人

 ・身体障害者手帳の交付を受けている人

 ・都道府県知事、政令指定都市市長又は中核市市長が発行する療育手帳の交付を受けている人

 ・知的障害者更生相談所、児童相談所、精神保健福祉センター、障害者職業センター、精神保健指定医により知的障害があると判定された人

 ・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人

 ※いずれも申込時までに手帳の交付を受けている人、または知的障害があると判定された人が対象です。

 ※手帳等は、第1次選考試験当日に持参してください。また、その後採用までの間に手帳等の提示を求めることがあります。

(5)次のいずれかに該当する人は、受験できません。

  • 禁錮(きんこ)以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
  • 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人
  • 平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている人(心神耗弱を原因とするものを除く。)

 ※外国籍の人も受験できます。ただし、外国籍の人で就労が制限される在留資格の人は受験できません。

採用予定年月日

令和3年4月1日

選考試験の日時及び会場

(1)第1次選考

 ア 日時

 ・令和2年11月15日(日曜日)

 ・受付開始 午後1時00分

 ・受付終了 午後1時30分

 イ 会場(予定)

 ・神奈川県立神奈川総合高等学校(神奈川県横浜市神奈川区平川町19-2)

 ※11月上旬に発行される受験票で会場を指定しますが、災害等やむをえない都合により上記の会場を変更する場合があります。その際は、ホームページでお知らせします。

 ※試験当日は、受験票を持参し、受付に提示してください。

 ※試験当日は、140円分の切手を持参ください。(第1次選考試験結果通知送付封筒用)

 ※受付終了時刻までに試験会場の建物に入場していない場合は受験ができません。

(2)第2次選考

 ・令和2年12月中旬(予定)

 ※第1次選考の合格者について実施します。

 ※詳細は第1次選考の合格者に対して通知します。

 応募方法や、選考方法等、詳しい内容については次の【令和2年度実施 障がいのある人を対象とした神奈川県立学校教育職員(実習助手)採用候補者選考試験 受験案内】をご覧ください。

令和2年度 障がいのある人を対象とした神奈川県立学校教育職員(実習助手)採用候補者選考試験 受験案内(PDF:285KB)

(受験案内テキスト版)(テキスト:7KB)

令和2年度 実習助手(総合)受験申込書(エクセル:18KB)

(申込書PDF版)(PDF:132KB)

【令和2年度 実習助手(総合)受験申込書】をプリントアウトできる環境がない方は、次の一覧に記載している施設で【令和2年度実施 障がいのある人を対象とした神奈川県立学校教育職員(実習助手)採用候補者選考試験 受験案内】と【令和2年度 実習助手(総合)受験申込書】を9月2日から配布しますのでご利用ください。

受験案内配布場所

教育局行政部教職員人事課 横浜市中区日本大通33 住宅供給公社ビル3階
情報公開広聴課県政情報センター 横浜市中区日本大通1 県庁新庁舎2階

情報公開広聴課横浜駐在事務所内

横浜地域県政情報コーナー

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2

かながわ県民センター2階

県立図書館 横浜市西区紅葉ヶ丘9-2
地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ) 横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
かながわ労働センター 横浜市中区寿町1-4

川崎県民センター内 川崎地域県政情報コーナー

川崎市幸区堀川町580 ソリッドスクエア2階
県立川崎図書館 川崎市高津区坂戸3-2-1
川崎市立中原図書館 川崎市中原区小杉町3-1301

県央地域県政総合センター(高相合同庁舎)内

県央地域県政情報コーナー

相模原市南区相模大野6-3-1

県央地域県政総合センター(津久井合同庁舎)内

津久井分室

相模原市緑区中野937-2
相模原市立津久井生涯学習センター 相模原市緑区三ヶ木414

横須賀三浦地域県政総合センター内

横須賀三浦地域県政情報コーナー

横須賀市日の出町2-9-19
鎌倉保健福祉事務所 三崎センター 三浦市三崎町六合32

県央地域県政総合センター(厚木合同庁舎)内

県央地域県政情報コーナー

厚木市水引2-3-1

湘南地域県政総合センター内

湘南地域県政情報コーナー

平塚市西八幡1-3-1
平塚市青少年会館 平塚市浅間町12-41
藤沢県税事務所 藤沢市鵠沼石上2-7-1
平塚保健福祉事務所 秦野センター 秦野市曽屋2-9-9

県西地域県政総合センター(小田原合同庁舎)内

県西地域県政情報コーナー

小田原市荻窪350-1

県西地域県政総合センター(足柄上合同庁舎)内

県西地域県政情報コーナー

足柄上郡開成町吉田島2489-2
東京事務所 東京都千代田区平河町2-6-3

採用試験時に配慮を希望される方

受験に際して特に配慮を希望する場合は、受験申込書と一緒に「試験における配慮事項について」を提出し、教職員人事課教職員採用グループの連絡先(045-210-8190)までお問合せください。

試験における配慮事項について(ワード:23KB)

試験における配慮事項について(PDF版)(PDF:94KB)

配慮事項の例

点字、パソコン(ワープロ機能)、拡大印刷、手話通訳、指示事項の文書による伝達、試験会場における配慮など

最終合格された方に対する手帳等の確認

障害者の雇用の促進等に関する法律に基づき、毎年、障害者雇用状況の報告を行う必要があります。

そのため、本選考最終合格者には、採用時にも教育委員会において手帳等の内容の確認を行います。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa