ホーム > 神奈川県記者発表資料 > 「大磯港-湘南港モニタークルージング」のモニターを募集します!

更新日:2021年12月17日

ここから本文です。

「大磯港-湘南港モニタークルージング」のモニターを募集します!

2021年12月17日
記者発表資料
(県政、平塚、藤沢記者クラブ同時発表)

県では、大磯港における賑わいの創出と地域活性化に向けて、ビジターバースの整備を行い、令和3年4月に供用を開始しました。
この大磯港ビジターバースと湘南港(藤沢市江の島)間には、現在、定期的に運航する船はありませんが、このたび、両港を結び、海からの江の島、富士山などの景色を楽しめるモニタークルージングを企画し、モニター乗船者を募集しますので、お知らせします。
なお、当企画においては新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を講じております。

1.実施日

令和4年3月5日(土曜日)(荒天時等の代替日は、令和4年3月12日(土曜日))

2.実施航路

  • 大磯港10時30分発→湘南港11時15分頃着(定員100名)
  • 湘南港13時00分発→大磯港13時45分頃着(定員100名)

3.申込方法

どなたでも御乗船いただけますが、事前予約が必要です(予約多数の場合は抽選となります。)。
また、乗船後にアンケートにご協力いただきます。
次のウェブサイトからお申込みください。

申込みページへのリンク

4.募集期間

令和3年12月22日(水曜日)15時から令和4年2月7日(月曜日)13時まで

5.乗船料

無料

6.取材について

取材を希望される場合は、令和4年2月18日(金曜日)までに問合せ先に御連絡ください。

<新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について>

本モニタークルージングにおいては、次のことに取り組みます。

<留意事項>

  • 動きやすく濡れてもよい服装、踵が固定されており滑らない履物でお越しください。
  • 寒さ対策を各自でお願いします。

(参考1)大磯港ビジターバースとは

令和3年4月の大磯港ビジターバース供用開始と同月に、大磯港賑わい交流施設OISO CONNECT(オオイソコネクト)がオープンしました。大磯港で当日水揚げされた鮮魚等の販売、地産の朝採り野菜や、農産物品などや町内で生産された加工品・特産品などが揃い、併設されたレストランでは、港の風景を楽しみながら、旬の地元食材を味わえます。

大磯港賑わい交流施設OISO CONNECT(オオイソコネクト)

(参考2)日程が合わない方はこちら

かながわシープロジェクト・ウェブサイト「Feel SHONAN」では、おススメ特集記事「ボートは密がなく安全!かながわの海でクルージングを楽しもう!」を公開しています。
ボートは密がなく安全!かながわの海でクルージングを楽しもう!

問合せ先

政策局自治振興部地域政策課

地域活性化担当課長:塚本
電話:045-210-3251

副課長:神谷
電話:045-210-3252

このページに関するお問い合わせ先

政策局 自治振興部地域政策課

政策局自治振興部地域政策課へのお問い合わせフォーム

地域活性化グループ

電話:045-210-3260

内線:3260

ファクシミリ:045-210-8837

このページの所管所属は政策局 自治振興部地域政策課です。