水の味わい

掲載日:2018年2月7日

神奈川県は豊かな水に恵まれていますが、最近では多くの人が味わえるようボトルに詰められた水もたくさん登場し、県内各地で趣の異なるご当地自慢の水を楽しむことができます。また、おいしい水は、おいしいお酒やビール、名産品を生み出しています。そんな神奈川県ならではの「水の味わい」をお楽しみください。

おいしい水

「よこすか名水 走水湧水」(横須賀市)

横須賀市では、市内唯一の水源である走水水源地の湧水からナチュラルミネラルウォーターのペットボトル水を製造、販売しています。カルシウムやマグネシウムなど天然ミネラルが豊富に含まれ、国内のミネラルウォーターの中では数少ない中硬水に分類されています。
(写真提供:横須賀市上下水道局)

よこすか名水 走水湧水

「ざまみず」(座間市)

座間市では数多くの湧水が見られ、豊富な地下水を利用した水道水は、夏は冷たく、冬は温かい「おいしい水」として市民から好評を得ています。この「ざま の まみず」を市職員がデザインしたアルミボトル缶に詰め、「ざまみず」と命名して販売し、多くの方に味わってもらうとともに、非常用の備蓄飲料水としても活用いただいています。

ざまみず

「きよかわの惠水(めぐみ)」(清川村)

神奈川の水源地域としての魅力と清川村のおいしい水道水をPRし、また、防災用飲料水の備蓄を目的に、ペットボトル入り飲料水「きよかわの惠水(めぐみ)」が製造され、平成24年8月1日から販売されています。

きよかわの惠水

「神奈川のおいしい水 森のハーモニー」

「神奈川のおいしい水 森のハーモニー」は、緑豊かな丹沢で育まれた早戸川の伏流水を取水し、相模原市緑区の鳥屋浄水場において造られた水道水から塩素を除去した水を使用しており、口当たりの良い軟水です。神奈川の水のおいしさを是非、味わってください。

県営水道の各水道営業所等で販売中

※ 売上金の一部は、神奈川フィルハーモニー管弦楽団を応援する「ブルーダル基金」に寄付されます

森のハーモニー

「生田の天然水 恵水(めぐみ)」(川崎市)

川崎市独自の水源である多摩区生田の井戸から採れた良質の天然水をペットボトルに詰めました。多摩区では、複雑に入り組んだ地形の多摩丘陵を長い時間をかけて通ってきた地下水が各地で湧き出ており、恵水は直径6m、深さ15m程度の浅井戸から採水されています。
平成24年1月にはラベルを大幅リニューアルし、水道キャラクター「ウォータン」中心のデザインになるとともに、側面には多摩区内にある藤子・F・不二雄ミュージアムのドラえもんたちが集うロゴも掲載され、にぎやかで楽しいラベルになっています。
災害時に備えた飲料水の確保として、また日常の水分補給にぜひご利用ください。

生田の天然水

「おいしい秦野の水-丹沢の雫-」(秦野市)

「おいしい秦野の水-丹沢の雫-」は、国から「名水百選」にも選ばれた、秦野市の名水を市内外に広くPRしていくことと、地震など非常時での備蓄用の水として利用いただくために平成20年から販売を続けています。
平成27年1月に市制施行60周年、3月に給水開始125周年を迎えることを記念し、全国公募によりデザインをリニューアルしました。
丹沢の山々に長い年月をかけてしみ込んだ地下水をくみ上げて使用しています。硬度は89度で、お茶やコーヒー、水割りの他、香りを大切にするお料理にも相性の良い軟水です。是非、味わってみてください。
「おいしい秦野の水-丹沢の雫-」(秦野市)のページ
おいしい秦野の水

名産品

神奈川の地酒(かながわの名産100選)

県内には13の蔵元があり、それぞれ工夫を凝らして、伝統の製法で日本酒を製造しています。丹沢山系を源とする相模川や酒匂川からの豊かな伏流水を仕込み水として利用しています。

かながわの地酒

神奈川の地ビール(かながわの名産100選)

横浜、鎌倉、茅ヶ崎、厚木、小田原で製造販売しています。日本人が飲み慣れているピルスナータイプのビールのほか、さまざまなタイプの色々な味が各地域で楽しめます。

神奈川の地ビール

小田原のかまぼこ・ちくわ(かながわの名産100選)

起源は江戸後期。板にすり身を扇の地紙に盛りつけるのが小田原蒲鉾の特徴です。グチを主原料とする豊富な鮮魚と箱根水系の良質な水が肌ツヤ、きめの細やかさ、弾力を引き出しています。

小田原のかまぼこ・ちくわ

大山のとうふ(かながわの名産100選)

大山のおいしい水、厳選した素材の大豆、にがりを使った大山の豆腐は、そのまま食べてもとても美味しく、名物「大山のとうふ料理」に欠かせない食材です。

大山のとうふ

秦野のそば(かながわの名産100選)

秦野市には、全国名水百選に選ばれた秦野盆地湧水群がもたらす良質な水が豊富にあり、この名水を使用した様々な商品が生産されています。
秦野のそばは、たばこ耕作の裏作として作られてきた歴史があり、秦野盆地でみがかれた水と厳選された材料を使って作られています。

秦野のそば