県産木材を使用した建物について

掲載日:2018年6月28日

その他の公共施設での事例紹介

 県産木材を使用したことで、木の温かみや自然との調和がとれて、癒しの空間となっています。

神奈川県立上溝高等学校

施設概要
  • 規模

施設面積:2万9955平方メートル

建築面積:約5206平方メートル

  • 構造

鉄筋コンクリート造3階建て

koukousyoumenn
 建物外観
koukougennkann koukoubenti
 正面玄関ホール 木製ベンチ

神奈川県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」

施設概要
  • 規模

施設面積:9万2000平方メートル

建築面積:3496.56平方メートル

  • 構造

RC柱、大断面集成木材梁による混構造

kana1
 建物外観
kana2 kana3
梁:県産木材スギ集成材

生田緑地東口ビジターセンター

施設概要
  • 規模

施設面積:224.52平方メートル

建築面積:399.28平方メートル

  • 構造

1階:鉄筋コンクリート

2階:木造

ryokutigaikann
 建物外観
lvl
梁:県産木材スギLVL
ryokuti1 ryokuti2
壁仕上げ材:県産木材ヒノキ合板