第55回技能五輪全国大会

掲載日:2018年3月30日

第55回技能五輪全国大会

技能五輪全国大会とは、青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会で、次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、技能に身近に触れる機会を幅広く提供することにより、技能の重要性、必要性をアピールし、技能尊重気運の醸成を図ることを目的としています。

開催日・開催場所

平成29年11月24日(金曜日)から平成29年11月27日(月曜日)

栃木県(マロニエプラザ他16会場)

参加資格

全国大会開催年に満23歳以下であること

※「メカトロニクス」職種、「和裁」職種、「情報ネットワーク施工」職種については、全国大会開催年に満24歳以下であること

主催 

厚生労働省、中央職業能力開発協会、栃木県

神奈川県選手が出場する種目・選手数

グループ 競技職種

選手数

(計65名)

機械系
機械組立て(5名)、機械製図(2名)、旋盤(6名)、フライス盤(6名)、
自動車工(4名)
23名
金属系
構造物鉄工(2名)、自動車板金(6名)、曲げ板金(2名)
10名
電子技術系
メカトロニクス(2名)、電子機器組立て(3名)、電工(1名)
6名
建築・建設系
家具(4名)、建築大工(3名)、冷凍空調技術(1名)
8名
サービス・
ファッション系
美容(2名)、理容(4名)、西洋料理(3名)、レストランサービス(1名)
洋菓子製造(1名)
11名
情報通信系
ウェブデザイン(7名)
7名

その他

第55回技能五輪全国大会・第37回全国障害者技能競技大会神奈川県選手団合同結団式を開催します![PDFファイル/348KB]

第55回技能五輪全国大会について (中央職業能力開発協会のページへ)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。