消費者物価指数4月分結果(平成30年6月掲載分)

掲載日:2018年6月20日

消費者物価指数とは

消費者物価指数は、総務省統計局が実施する小売物価統計調査によって調査された小売価格を用いて、消費者が購入する各種の商品とサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に表したものです。
小売物価統計調査の神奈川県内の対象地域は、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、伊勢原市、海老名市及び湯河原町の6市1町です。

平成27年基準改定について

消費者物価指数では、消費者物価の測定精度の維持向上と物価指数の有用性の確保の視点から、5年に1度の周期で指数の基準年次を更新する「基準改定」を行い、採用する品目やウエイトなどを見直し、公表する系列の拡充などを行っています。
平成28年1月に基準年次が平成22(2010)年から平成27(2015)年に更新されました。

これまでの経緯等

本県は昭和37年から神奈川県消費者物価指数を独自に作成し、公表してきましたが、小売物価統計調査の調査対象市の変更に伴い、県内3政令市の消費者物価指数の動向が把握できることから、平成26年12月分をもって終了しました。
平成27年1月分からは、総務省統計局が結果を公表している横浜市及び川崎市の指数を公表していましたが、平成28年7月分から相模原市の消費者物価指数の公表を追加しました。
また、総務省統計局は「全国平成29年(2017年)1月分」(3月3日公表)から「生鮮食品及びエネルギーを除く総合」指数の公表を開始するとともに、公表資料の見直しを行いました。それに伴い、平成29年1月分(3月21日掲載分)から、これまでの「消費者物価指数の概要」「消費者物価指数の推移」に「生鮮食品及びエネルギーを除く総合」を追加しました。

平成30年4月分速報

横浜市 総合指数 100.3 前月比 0.0 前年同月比 0.4
川崎市 総合指数 100.6 前月比 -0.3 前年同月比 0.4
相模原市 総合指数 100.3 前月比 -0.1 前年同月比 0.5

リンク

利用上の注意

  • 指数の基準時及びウエイト(家計調査)の算定年次は、平成27年の1年間です。
  • 指数の算定は、基準時加重相対計算法(ラスパイレス型)です。

月別発表資料(速報)

平成30年(平成27年基準)

1月2月3月4月

平成29年(平成27年基準)

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

平成28年(平成27年基準)

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019