家計調査10月速報(2019年12月掲載分)

掲載日:2019年12月20日

家計調査は、全国の世帯を対象に収入・支出、貯蓄・負債などを毎月調査しています。この調査は統計法(総務省HPへのリンク)に基づいて行われ、総務省が所管し、各都道府県を通じて実施しています。

調査の結果は、景気動向の把握や、経済政策、社会政策などを立てるための基礎資料として様々な分野で利用されています。

神奈川県では、現在、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、三浦市、伊勢原市、座間市の7市で調査を行っており、調査に御協力いただいている世帯の方には6ヶ月間にわたり家計簿等の調査票の記入をお願いしています。

家計調査の実施状況


二人以上の世帯 | 二人以上の世帯のうち勤労者世帯 | 統計データ | 過去の調査結果

品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング | 統計局公表データ | 関連リンク


家計調査結果の遡及改定について

総務省は平成30年12月分家計調査結果の公表時(平成31年2月8日)に、平成30年1月の家計簿変更等の影響による変動を調整した推計値である変動調整値の遡及改定を行いました。これに伴い、本県ホームページにおいても、平成30年12月分以降の「全国の結果 対前年同月比(実質)」を遡及改定後の変動調整値により掲載します。なお、総務省と同様に平成30年11月以前の公表資料の差替えは行いませんので、利用の際は注意してください。

統計情報利用時の注意

1)家計調査は標本調査のため、支出頻度の低い品目などは統計誤差が大きくなる可能性があるので、利用する際には十分な注意が必要です。

2)調査世帯数(二人以上の世帯)は、横浜市(144世帯)、川崎市(96世帯)、相模原市(96世帯)、横須賀市(36世帯)、三浦市(12世帯)、伊勢原市(24世帯)、座間市(24世帯)となっています。

3)相模原市の調査結果は調査開始した平成25年1月分から公表しています。また、対前年同月比は、消費者物価指数の対前年同月比の公表に伴い平成28年1月分から公表しています。

4)2018年1月の家計簿変更に伴い、4月速報から全国の対前年同月比は、変動調整値を掲載するよう変更しました。詳しくは、家計調査 公表日、結果等の変更について(総務省統計局ホームページ)」をご覧ください。

5)統計表の数値は、単位未満を四捨五入しているため、内訳を足しあげても必ずしも合計とは一致しません。

最新情報

 最新結果速報(総務省統計局ホームページ)

2019年10月

二人以上の世帯

(1)横浜市の結果について

横浜市
  単位 2019年10月 2019年9月 2018年10月 対前年同月比(実質)%
世帯人員 2.81

2.78

2.84

-

世帯主の年齢

61.8

63.0

62.0

-

消費支出

256,355

366,197 310,449

‐17.6

 食料

81,389

84,855 81,408

‐1.4

 住居 10,911 20,821 33,639

-68.5

 光熱・水道 17,710 17,402 18,031

-0.8

 家具・家事用品

8,610

14,632 12,602

‐37.0

 被服及び履物 10,588 12,009 15,430

‐32.6

 保健医療 13,846 16,772 20,565

‐32.6

 交通・通信 24,377 82,179 37,281

‐33.8

 教育 23,838 25,689 23,960

12.2

 教養娯楽 23,033 36,189 26,922

‐15.8

 その他の消費支出 42,055 55,648 40,609

* 3.6

(2)川崎市の結果について

川崎市

 
単位 2019年10月  2019年9月 2018年10月 対前年同月比
(実質)%
世帯人員 2.92 2.93 3.05

-

世帯主の年齢 58.5 57.8 52.0

-

消費支出 288,368

293,225

314,407

‐8.6

 食料 85,774 85,621 78,194

8.7

 住居 18,319 18,905 35,432

-49.1

 光熱・水道 18,693 18,593 19,554

-3.7

 家具・家事用品 8,279 21,445 7,541

4.4

 被服及び履物 15,287 8,423 15,879

-6.0

 保健医療 16,466 13,133 13,858

18.3

 交通・通信 32,678 34,037 41,844

‐21.6

 教育 11,729 7,757 31,000

-57.3

 教養娯楽 31,867 32,411 26,625

16.6

 その他の消費支出 49,275 52,899 44,481

 * 10.8

(3)相模原市の結果について

相模原市
  単位 2019年10月 2019年9月 2018年10月 対前年同月比(実質)%
世帯人員 2.66 2.90 3.03

-

世帯主の年齢

64.0

62.4 62.8

-

消費支出 248,452 286,380 265,507

‐6.9

 食料

79,943

84,780 76,538

3.6

 住居 7,054 8,070 20,959

-66.9

 光熱・水道 19,841 18,023 17,789

10.5

 家具・家事用品 6,467 28,257 7,484

‐16.0

 被服及び履物 10,449 9,934 9,406

9.6

 保健医療 14,753 12,055 12,279

20.0

 交通・通信 24,587 32,924 34,889

‐29.2

 教育 14,304 9,905 5,061

199.0

 教養娯楽

29,577

29,659 28,760

1.5

 その他の消費支出 41,476

52,771

52,341

* -20.8

(参考)全国の結果について

全国

 
単位 2019年10月  2019年9月

2018年10月

対前年同月比
(実質)% ※変動調整値
世帯人員

2.96

2.96 2.98 -
世帯主の年齢 59.3 59.5 59.4

-

消費支出 279,671 300,609 290,396

‐5.1

 食料

73,970

75,492 74,575

‐3.9

 住居 17,369 17,861 19,162

‐12.7

 光熱・水道

18,565

19,343 19,394

⁻4.6

 家具・家事用品 9,390 16,150 10,510

‐16.3

 被服及び履物 9,773 10,118 10,688

‐10.7

 保健医療 13,664 15,000 13,692

‐2.8

 交通・通信 40,414 45,755 42,823

‐6.3

 教育 13,403 14,912 17,090

‐15.9

 教養娯楽 26,703 29,929 27,252

‐5.1

 その他の消費支出 56,419 56,049 55,211

3.8 

※*印は対前年同月名目増減率を示す。

※変動調整値とは、調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値です。

二人以上の世帯のうち勤労者世帯

(1)横浜市の結果について

横浜市

 
単位 2019年10月  2019年9月 2018年10月 対前年同月比
(実質)%
世帯人員 3.13 3.07 3.11

-

世帯主の年齢 50.6 51.8 52.0

-

実収入 554,132 519,357 512,583

7.8

世帯主収入 411,297 437,389 388,362

5.6

配偶者の収入 78,234 68,331 27,172

187.0

消費支出 299,914 470,671 328,481

‐9.0

非消費支出 100,489 113,323 86,138

* 16.7

可処分所得 453,643 406,034 426,445

6.1

平均消費性向 66.1 115.9

77.0

‐10.9 point

エンゲル係数 28.4 19.0 24.8

3.6 point

(2)川崎市の結果について

川崎市
  単位 2019年10月  2019年9月 2018年10月 対前年同月比
(実質)%
世帯人員 3.33 3.18 3.17

-

世帯主の年齢 48.9 48.0 44.6

-

実収入 666,895 557,767 569,873

16.7

世帯主収入 478,441 420,269 402,889

18.4

配偶者の収入 88,027 99,353 95,606

‐8.2

消費支出 328,652 334,341 307,862

6.5

非消費支出 129,563 107,719 110,472

 * 17.3

可処分所得 537,332 450,048 459,401

16.7

平均消費性向 61.2 74.3 67.0

-5.8 point

エンゲル係数 28.3 26.5

25.2

 3.1 point

(3)相模原市の結果について

相模原市

 
単位

2019年10月

 2019年9月 2018年10月 対前年同月比
(実質)%
世帯人員 3.06 3.27 3.37

-

世帯主の年齢 51.2

50.7

53.4

-

実収入 483,664 488,629 523,226

⁻8.1

世帯主収入 371,729 411,756 306,441

20.7

配偶者の収入 37,165 38,936 60,684

-39.1

消費支出 239,926 300,984 305,529

‐21.9

非消費支出 85,311 85,215 77,974

* 9.4

可処分所得 398,352 403,414 445,252

‐10.9

平均消費性向

60.2

74.6 68.6

‐8.4 point

エンゲル係数 32.6 28.0 26.8

 5.8 point

(参考)全国の結果について

全国

 
単位 2019年10月  2019年9月 2018年10月 対前年同月比
(実質)% 変動調整値 
世帯人員

3.30

3.30 3.31

-

世帯主の年齢 49.5 49.7 49.9

-

実収入 536,075 457,427

515,729

-0.5

世帯主収入 364,757 359,376 355,633

1.2

配偶者の収入 73,550 71,945 67,102

1.2

消費支出 305,197 329,655 315,433

‐5.2

非消費支出 89,657 87,238 87,210

‐3.0

可処分所得 446,417 370,189 428,519

0.1

平均消費性向 %  68.4 89.1 73.6

‐5.2 point

エンゲル係数

24.8

23.4

24.1

0.7 point

※*印は対前年同月名目増減率を示す。

※変動調整値とは、調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値です。

統計データ

 データはExcel表で掲載しています。

2019年の結果(10月までの月別)

二人以上の世帯の結果(エクセル:67KB)

二人以上の世帯のうち勤労者世帯の結果(エクセル:58KB)

過去の調査結果

2017年の結果

横浜市、川崎市及び相模原市の結果(2017年月別)

二人以上の世帯の結果(エクセル:75KB)

二人以上の世帯のうち勤労者世帯の結果(エクセル:64KB)

横浜市、川崎市、相模原市及び政令市以外の調査市の結果(2017年平均)

二人以上の世帯及び二人以上の世帯のうち勤労者世帯の結果(エクセル:27KB)

2018年の結果

横浜市、川崎市及び相模原市の結果(2018年月別)

二人以上の世帯の結果(エクセル:78KB)

二人以上のうち勤労者世帯の結果(エクセル:69KB)

横浜市、川崎市、相模原市及び政令市以外の調査市の結果(2018年平均)

二人以上の世帯及び二人以上の世帯のうち勤労者世帯の結果(エクセル:27KB)


品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング

2016年から2018年平均(平成31年3月15日公表)

家計調査(二人以上)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(エクセル:799KB)


統計局公表データ(1世帯当たり1か月間の収入と支出)

都市階級・地方・都道府県庁所在市別(2019年10月)

二人以上の世帯・勤労者世帯・無職世帯の結果(エクセル:343KB)

都市階級・地方・都道府県庁所在市別(2018年平均)

二人以上の世帯・勤労世帯・無職世帯の結果 (エクセル:345KB)


関連リンク

全国の詳細な結果については総務省統計局の家計調査のホームページをご覧ください。

総務省統計局のホームページ

過去の家計調査の結果を掲載しています。詳しくはこちらをご覧ください。

神奈川県行政資料アーカイブ

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa