「ランキングかながわ(地域編) [統計指標でみる神奈川]」 改訂第3版を作成

掲載日:2019年3月15日
2019年03月15日
記者発表資料
(県政・横浜経済記者クラブ同時発表)

統計により親しんでいただくため、さまざまな分野の統計指標をもとに、県内市町村の順位をまとめた「ランキングかながわ(地域編)[統計指標でみる神奈川]」を発行しました。

代表的な統計指標に加えて、図表やクイズも織り交ぜ、統計から県内の特徴をみていただけるよう工夫をしています。神奈川県の全国順位をまとめた「ランキングかながわ[統計指標でみる神奈川]」改訂第4版(平成30年2月発行)とあわせてご活用ください。

冊子の概要

1. 神奈川県の特徴を分かりやすく紹介するため、様々な統計を「人口・自然」「産業・労働」「県民生活」「教育」「安全・医療」の5つの分野に分けて編集

2. 県内市町村別数値をランク付けして、各市町村の特色を順位から把握可能

3. 県内構成比を中心に、関連する情報やグラフなどを掲載

詳細は、ウェブサイト http://www.pref.kanagawa.jp/docs/x6z/tc20/ran_kana/top.html を御覧ください。県庁新庁舎2階県政情報センター、各地域県政総合センター県政情報コーナーでも閲覧できます。また、県庁本庁舎1階収入印紙等販売所にて御購入いただけます。

内容紹介

男性の割合が最も高いのは?女性の割合が最も高いのは?(人口性比 2018年)

男性の割合が最も高いのは愛川町、女性の割合が最も高いのは湯河原町です。男性の方が多いのは12市町村、女性の方が多いのは21市町村です。

人口増減率 1位 開成町(2017年)

2017年の神奈川県の人口増加率は0.17%です。県内市町村で人口増加率が最も高いのは開成町で1.08%です。15市町村が増加し、18市町村が減少しました。

登録自動車数(人口1000人当たり) 1位 清川村(2017年)

人口1000人当たりの登録自動車数が最も多いのは清川村で687.93台です。地域別にみると、人口1000人当たりの登録自動車数が最も多いのは県西地域で379.36台です。

問合せ先

神奈川県統計センター

企画分析課長 原
電話 045-312-1121(内線2520)