神奈川県年齢別人口統計調査結果報告 令和2年1月1日現在
神奈川県年齢別人口統計調査(平成27年国勢調査結果に基づく推計人口)

掲載日:2020年7月31日
2020年07月31日
記者発表資料

年少人口(0~14歳)は1,094,402人で、前年に比べ11,739人減少し、昭和51年の調査開始以来最も少ない(対前年11年連続減少)

生産年齢人口(15~64歳)は5,712,800人で、前年に比べ8,546人増加(対前年2年連続増加)

老年人口(65歳以上)は2,311,697人で、前年に比べ23,393人増加し、調査開始以来一貫して増加

年少人口に対する老年人口の比率は211.2で、調査開始以来一貫して上昇

平均年齢は男性が44.89歳で前年に比べ0.25歳上昇、女性が47.44歳で前年に比べ0.28歳上昇し、調査開始以来男女ともに一貫して上昇


年齢(3区分)別人口及び構成比

年齢3区分別人口及び構成比
年齢
(3区分)
令和2年 平成31年 増減

全国(令和2年)

人口(人) 構成比(%) 人口(人) 構成比(%) 人口(人)

構成比の差
(ポイント)

人口(万人) 構成比(%)
総数 9,201,825 9,181,625 20,200 12,599 100.0
年少人口
(0から14歳)
1,094,402 12.0 1,106,141 12.2 -11,739

-0.2

1,516 12.0
生産年齢人口
(15から64歳)
5,712,800 62.6 5,704,254 62.7 8,546 -0.0 7,490 59.4
老年人口
(65歳以上)
2,311,697 25.4 2,288,304 25.1 23,393 0.2 3,593 28.5

(注1)県の人口総数は、年齢不詳を含むため、内訳と一致しない。構成比は年齢不詳(82,926人)を除いて算出している。
(注2)ポイントは比率の差を表す。小数点第2位以下の数値で算出しているため、表上の数値と一致しない場合がある。

詳細は統計センターウェブサイトへ

※この調査は、平成27年国勢調査の調査票情報を独自集計した年齢別人口を基礎数値として、住民基本台帳法及び戸籍法等に定める出生、死亡、転入、転出の年齢別異動人口を加減して推計しています。

問合せ先

神奈川県統計センター

人口・労働統計課長 関根
電話 045-313-7211(直通)