スペイン陸上競技連盟が事前キャンプに係る県内視察を実施しました!

掲載日:2018年4月13日

平成30年4月4日、スペイン陸上競技連盟が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた事前キャンプ候補地を視察するため来日し、大和市、茅ヶ崎市内の施設を視察されました。

大和スポーツセンター(大和市)

大和1

競技施設や練習環境について確認されました。

大和2

スタジアムやトレーニング室の視察を行いました。

柳島スポーツ公園(茅ヶ崎市)

2

到着時には、地元中学校の陸上部の生徒たちが歓迎してくれました。

1

視察にお越しいただいたスペイン陸上競技連盟のカルロッタさんは、スペイン国内で8度女子三段跳びのチャンピオンになり、3大会連続でオリンピック女子三段跳びに出場した方です!

スペイン陸上競技連盟は、今回の視察を踏まえ、本国で事前キャンプ地に関して検討を行うとのことです。

スペインの皆様をお迎えできるよう、引き続き関係団体と協力して、誘致活動を行ってまいります!

 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019