「SKYプロジェクト」第5弾

掲載日:2018年5月1日

平成29年9月19日(火曜日)SKY(スカイ)プロジェクト第5弾を実施しました!

ブータン王国のアーチェリー選手が、小田原市を訪問しました!

星槎グループの招へいにより、第1回ISPS HANDA CUP(※)に出場した、ブータン王国のアーチェリー選手が、小田原城や相洋高校を訪問されました。(※ H29年9月16日,17日に愛知県岡崎市で開催された、公益社団法人全日本アーチェリー連盟主催の全国大会)
今回は、リオデジャネイロオリンピックにも出場したカルマ選手など、総勢6名の方々にいらっしゃっていただきました。
まず初めに、小田原城を見学しました。初めて見る日本のお城に、皆さん感動されていました。
右から2番目がカルマ選手です。
小田原城の前で記念撮影するブータンの方々
続いて、城山陸上競技場を視察されました。
アーチェリーは70m先の的を狙うので、陸上競技場のような広い場所で練習することが多いようです。
城山陸上競技場を視察するブータンの方々
最後に、小田原市内の相洋高校を訪問し、弓道部の皆さんと交流しました。
ブータンの方々も生徒に手とり足とり教えてもらいながら、弓道を体験しました。
弓道を教えてもらうブータンの方々
弓を引くだけでも大変な力が必要ですが、さすがはアーチェリーの選手です!
軽々と弓を引いていました。
弓道を体験するブータンの方々
最後に、弓道部の皆さんと記念撮影をしました。
弓道部の皆さんと記念撮影
今後も、県、小田原市、箱根町、大磯町及び星槎グループは、ブータン王国・エリトリア国との交流事業「SKYプロジェクト」を進めてまいります。
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019