駐日エルサルバドル大使の藤沢市訪問について

掲載日:2020年10月1日

令和2年9月23日(水曜日)駐日エルサルバドル大使の藤沢市訪問

神奈川県は藤沢市とともに、エルサルバドル共和国のホストタウンとして、同国オリンピック選手団の事前キャンプ受入れに向けた準備を進めています。この度、駐日エルサルバドル共和国大使館のマルタ・リディア・セラヤンディア特命全権大使が藤沢市を訪問されました。

エルサルバドル2

セラヤンディア大使から、新型コロナウイルス感染症の対応に従事されている藤沢市内の医療関係者の方々へ向け、同国特産のコーヒー豆が寄贈されました。

エルサルバドル3

日本とエルサルバドル共和国の友好関係を深めるためにご尽力されてきたセラヤンディア大使ですが、令和2年9月30日付けで現職を離任されることとなりました。

エルサルバドル1

藤沢市の鈴木市長(写真:右から3番目)からは感謝状を、神奈川県の宮越スポーツ局参事監(写真:左から3番目)からは黒岩知事のメッセージカードと花束を、感謝のことばとともにセラヤンディア大使にお贈りしました。

東京2020大会に向けて、神奈川県・藤沢市とエルサルバドル共和国との間で結ばれた絆が、今後さらに強まることを一層期待しています。