スケートボード(オリンピック)

掲載日:2018年8月6日

競技会場

有明BMXコース(東京都)

競技概要

前後に車輪がついた板に乗り、トリック(ジャンプ、空中動作、回転などの技)を行い、その技の難易度や高さ、スピードなどを評価する採点競技。東京2020大会で新たに採用される。

スケートボードの起源は諸説あるが、1940年代にアメリカ西海岸で木の板に鉄の車輪をつけて滑った遊びが始まりとされており、1950年代に入って木製の板にゴム製の車輪がついた「ローラーサーフィン」という商品が販売され、これが現在のスケートボードの原型になったといわれる。とくに若者に人気の比較的新しいスポーツで、1980~1990年代にかけて世界に広まった。1990年代後半からは、グラフィックや音楽、ファッションをともなってストリート・カルチャーの中心的位置を占めるようになった。

オリンピックで行われる種目は2つ。街の中を滑るようなコースで技を競う「ストリート」と、複雑な形のコースで技を競う「パーク」だ。それぞれ男女別に行われる。

種目

  • パーク(男子/女子)
  • ストリート(男子/女子)

競技の魅力・見どころ

○ ストリート
街にあるような階段や手すり、縁石やベンチ、壁や坂道などを模した直線的なセクション(構造物)を配したコースで行われる。選手は1人ずつ競技を行い、セクションを使いながらさまざまなトリック(技)を繰り出す。そのトリックの難易度や高さ、スピード、オリジナリティ、完成度、そして全体の流れを見て審査員が総合的に判断し、採点する。

縁石を模したレッジや、手すりを模したハンドレールでは、デッキ(板)を直接レールやレッジに当てて滑る「スライド」、デッキとウィール(車輪)をつなぐ金属部分のトラックを当てて滑る「グラインド」がよく行われる。レールやレッジに飛び乗る際には、選手が手を使うことなくボードとともにジャンプする「オーリー」というトリックを活用する。これはなかなか難しいテクニックなのだが、選手たちはごく普通にこれを繰り出す。ここでは、レールやレッジへの乗り方や降り方、レールやレッジ上を滑る距離にも注目しよう。

スケートボードやサーフィンのように横向きに乗る競技には「スタンス」と呼ばれる選手の向きがあり、進行方向に対して左足が前になるスタンスを「レギュラースタンス」、右足が前になるスタンスを「グーフィースタンス」と呼ぶ。これは右利き、左利きのように個々それぞれ違い、本来のスタンスを「メインスタンス」、逆のスタンスを「スイッチスタンス」と呼ぶ。同じトリックでもメインスタンスで行う場合とスイッチスタンスで行う場合の評価は違い、もちろん難易度も格段に上がる。

デッキを回転させるフリップもよく行われるが、選手自身が回りながらデッキも回し、手を使わずに再び足に戻すというハイレベルなトリックもある。まるで足にデッキがマグネットで吸いつけられているように見えるトリックだ。デッキの回し方も、水平、縦、横とまさに三次元。見ている者の意表を突くテクニックを成功させることこそ、スケートボード最大の見どころと言える。

○ パーク
大きな皿や深いお椀をいくつも組み合わせたような、複雑な形をした窪地状のコースで行われるパーク競技。直線的なセクションが中心のストリートに対して、パークはアール(湾曲)がついた曲線的な形状だ。その窪地の底から曲面を昇ると傾斜は急になり、上部は垂直もしくは垂直に近い。ここを一気に駆け上がり、空中へ飛び出す美しいエア・トリックが、パークでは中心となる。

キッカー(ジャンプ台)で空中に飛び出すと、トリックのバリエーションも増える。空中でデッキを手でつかむグラブも、どこをつかむか、どちらの手でつかむか、そのときの姿勢をどうするか、などによって難易度が異なる。

飛びながらデッキを手でつかむグラブや、デッキを回転させたり、選手自身が回転したり、それらの組み合わせや、回転方向や回転位置によって難易度と独創性を上げていく。また、上部のリップ(縁)を使ったスライド系のトリックも行われる。いずれにしても、まるで浮遊しているかのようなパフォーマンスで、多くの複雑なトリックを行い、いかにスリリングなかっこよさを披露できるかがパークの見どころだ。パフォーマンスの大きさやスピードにも注目したい。

スケートボードでは、コース取りやトリックの順番、種類はすべて自由。同じトリックでも、スピードがあるのとないのでは流れのシャープさが違う。スピードも重要な要素であるが、難易度や独創性を加味して総合的に評価されるのだ。採点は、トリックの難易度や完成度、オリジナリティ、スピードに加えて、全体の流れやダイナミックさ、安定感、浮遊感なども考慮して総合的に評価され、数値化される。スケートボードは、軽快なBGMが流れる開放的なムードで行われる。「すごい!」「かっこいい!」と思わせるトリックの数々や高さ、スピードに圧倒されながら、フェスティバルのような雰囲気を楽しみたい。

2020に向けた競技の展望

ストリート、パークともに、そして男女ともに発祥地のアメリカの強さが他を圧倒しているが、近年、スペインやフランス、ドイツ、スウェーデン、チェコなどを中心としたヨーロッパ、さらにブラジル、オーストラリアも力をつけている。ただ、選手の年齢層が低く、10歳代後半から20歳代が中心であるため、若くて実力のある選手が次々と登場している。初めてオリンピックに採用されることもあり、世界の選手の動向から目が離せない。どの選手が東京2020大会に出てくるか、まずはメンバーに注目だ。

<日本>
男子の注目選手は、2017年5月にスペインのバルセロナで行われた大会で日本人初の3位となった堀米雄斗。ストリートを得意とするが、パークもこなすオールラウンダーだ。女子では2014~2016年にアメリカの複数の大会で入賞経験のある中村貴咲。東京2020大会ではパークで金メダルを目指す。2017年の日本選手権のストリートで優勝した西村碧莉も絶好調。この3人の10代(2017年10月現在)の選手を中心に、日本は世界との差を着実に縮めている。

 

(公益財団法人)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式サイトより転載

選手紹介 インタビュー

小川 希花(おがわ きはな)さん -スケートボード(パーク)-

小川選手

※画像をクリックするとyoutubeで視聴できます。

≪プロフィール≫

藤沢市在住の高校2年生(2017年12月現在)。兄の影響でスケートボードと出会う。競技と学業を両立しながら技を磨き、東京2020オリンピック競技大会の日本代表候補となる強化指定選手にも選ばれる。追加種目となるオリンピックの舞台に向けて、笑顔で練習に励む。

(主な成績) 

競技種目:スケートボード(パーク)【東京2020大会における追加種目】

  • 17年1月 VANS GIRLS COMBI POOL CLASSIC 2017 準優勝
  • 17年5月 日本スケートボード選手権大会 第3位
  • 17年7月 X GAMES スケートボード競技 第7位

インタビュー -笑顔 Smile Smile-

インタビュー全文(PDF:398KB) / テキスト版はこちらをご覧ください(ワード:21KB)

小川選手サイン

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる