令和元年度(2019年度)の事業所における男女共同参画の推進状況に関する届出結果

掲載日:2020年3月25日
2020年03月25日
記者発表資料

県では男女共同参画推進条例により、事業所における男女共同参画がより一層推進するよう、常時使用する従業員数300人以上の事業所に、男女共同参画の推進状況を毎年届け出ていただいています。このたび、令和元年度(2019年度)の届出結果を取りまとめましたので、公表します。

1 届出事業所数

626事業所

2 届出結果の主なポイント

  • 女性管理職(部長相当職+課長相当職)の割合が8.1%となり、前年度(7.8%)から0.3ポイント上昇した。
  • 女性の正社員の割合が47.8%となり、前年度(46.2%)から1.6ポイント上昇した。
  • 育児休業の取得者に占める男性の割合が11.2%となり、前年度(10.1%)から1.1ポイント上昇した。
  • 介護休業の取得者に占める男性の割合が45.7%となり、前年度(44.2%)から1.5ポイント上昇した。
  • 子の看護休暇の取得者に占める男性の割合が41.2%となり、前年度(39.0%)から2.2ポイント上昇した。

女性管理職等の割合

項目

令和元年度

平成30年度 前年度との比較

女性管理職(部長相当職+課長相当職)の割合

8.1%
(※)

7.8% 0.3ポイント上昇

部長相当職の女性の割合

5.4% 5.4% 変化なし

課長相当職の女性の割合

9.3% 8.8% 0.5ポイント上昇

(参考)係長相当職の女性の割合

14.9% 14.8% 0.1ポイント上昇

※「かながわグランドデザイン第3期実施計画」における「民間事業所の女性管理職(課長相当職以上)の割合」の重要業績評価指標(KPI):9.1%(令和元年度)

女性の正社員の割合

項目

令和元年度

平成30年度 前年度との比較

女性の正社員の割合

47.8% 46.2% 1.6ポイント上昇

育児休業の取得者に占める男性の割合

項目

令和元年度 平成30年度 前年度との比較

育児休業の取得者に占める男性の割合

11.2%
(※)
10.1% 1.1ポイント上昇

※「神奈川県まち・ひと・しごと創生総合戦略」における「事業所における男性の育児休業取得率」の重要業績評価指標(KPI):5.3%(令和元年度)

介護休業の利用状況

項目

令和元年度 平成30年度 前年度との比較
民間の介護休業利用事業所割合

29.2%
(※)

26.8% 2.4ポイント上昇

介護休業の取得者に占める男性の割合

45.7% 44.2% 1.5ポイント上昇

※「かながわグランドデザイン第3期実施計画」における「民間の介護休業利用事業所割合」の重要業績評価指標(KPI):27.9%(令和元年度)

子の看護休暇の取得者に占める男性の割合

項目

令和元年度 平成30年度 前年度との比較

子の看護休暇の取得者に占める男性の割合

41.2% 39.0% 2.2ポイント上昇

その他詳細については、ホームページをご覧ください。

男女共同参画の推進の状況に関する届出

SDGsの推進について

県では、SDGsの達成にもつながる取組として、事業所における男女共同参画を推進しています。

ゴール5 ゴール10

ともに生きる

問合せ先

かなテラス(県立かながわ男女共同参画センター)

所長 山本
電話 0466-27-2111(内線:301)

参画推進課長 奥
電話 0466-27-2111(内線:322)