平塚保健福祉事務所 柔道整復の施術所の開設等諸手続き

掲載日:2019年5月16日

施術所(柔道整復)の開設、変更、廃止、休止、再開の手続き

施術所(柔道整復)
手続きが必要になるとき 必要書類 用紙・記入例 届出期限

施術所を開設したとき
(開設者が変わったとき)
(施術所を移転したとき)

1.施術所開設届(開設届
2.柔道整復免許証の原本(施術に従事する柔道整復師全員分)
3.施術者の運転免許証等、本人確認できるものの原本
4.開設者が法人の場合、法人の名称及び所在地が確認できる書類(登記簿謄本の全部事項証明書等)

開設届用紙(ワード:50KB)
(第1号様式)
開設届記入例(PDF:458KB)

施術所開設日から10日以内

届出事項に変更が生じたとき

1.施術所届出事項変更届(変更届
2.柔道整復免許状の原本(新たな施術者が業務に従事した場合)
3.施術者の運転免許証等、本人確認できるものの原本(新たな施術者が業務に従事した場合)
4.施術所平面図(施術所の構造設備を変更した場合)

変更届用紙(ワード:32KB)
(第2号様式)

変更が生じた日から10日以内

施術所を廃止したとき
(開設者が変わったとき)
(施術所を移転したとき)

施術所廃止届(廃止届

休止廃止再開共通用紙(ワード:30KB)
(第3号様式)

施術所廃止日から10日以内

施術所を休止または再開したとき

施術所休止届(休止届
施術所再開届(再開届

施術所を休止(再開)した日から10日以内

※開設者が変わった場合は、廃止開設の手続きが必要になります。
※施術所を移転した場合は、廃止開設の手続きが必要になります。

提出書類の写しが必要な方はあらかじめ2部ご用意ください。

【お知らせ】
平成26年1月7日付け医政医発0107第1号 厚生労働省医政局医事課長通知に基づき、施術所の開設届等の提出の際に運転免許証等(原本)の提示により開設者(法人の場合を除く)及び業務に従事する施術者の本人確認を行っております。
業務に従事する施術者については、やむを得ず運転免許証等(原本)を持参できない場合は、開設者の原本証明をした写しの提出をお願いします。

柔道整復師法第二十四条第一項第四号の規定に基づく柔道整復の業務又は施術所に関して広告し得る事項の一部を改正する件について
平成28年6月29日付け医政発0629第3号厚生労働省医政局長通知 [PDFファイル/248KB]
厚生労働省告示第二百七十二号 [PDFファイル/28KB]
新旧対照条文 [PDFファイル/27KB]


柔道整復師による超音波画像診断装置の使用について(平成29年9月29日付け厚生労働省医政局医事課事務連絡) [PDFファイル/4.1MB]

このページの先頭へもどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。