感染症「集団発生報告」の方法

掲載日:2019年1月29日

社会福祉施設、介護老人施設等における感染症の「集団発生報告」の方法

報告基準

ア 同一の感染症若しくは食中毒による又はそれらによると疑われる死亡者又は重篤患者(症状が非常に重い、危篤状態の患者)が1週間内に2名以上発生した場合
イ 同一の感染症若しくは食中毒の患者又はそれらが疑われる者が10名以上又は全利用者の半数以上発生した場合(初発者が発症してから)
ウ ア及びイに該当しない場合であっても、通常の発生動向を上回る感染症等の発生が疑われ、特に施設長が報告を必要と認めた場合
※「社会福祉施設等における感染症等発生時に係る報告について」(平成17年2月22日 厚生労働省局長通知)

報告方法

1 電話連絡

電話番号:0463-32-0130 保健予防課 感染症担当まで
土日祝日は、担当者から折り返し電話します。

2 FAX送信

(1)「感染症集団発生報告(初回報告用)」(エクセル:39KB)

(2)「インフルエンザ用発症者一覧」(インフルエンザの場合)(エクセル:11KB)
または「感染症集団発生経過表」(インフルエンザ以外の場合)(エクセル:16KB)
(3)館内見取り図(居室番号の確認できるもの)
※氏名はイニシャル・発症日順に記入して下さい
FAX番号:0463-35-4025 保健予防課 感染症担当まで

経過確認

  • 終息まで経過を確認させていただきます。
  • 状況によっては感染症担当者が施設訪問を行います。

終息基準

最終発症者の発症日から7日間経過