平塚保健福祉事務所 セレウス菌

掲載日:2018年4月4日

特徴

セレウス菌は大きな桿菌で、おもに土壌、川、空気など自然界に広く存在しています。

菌の抵抗性

酸素の多いところでも、酸素の少ないところでも発育します。発育の温度は10℃から45℃が適しています。芽胞(生育状況が悪いときに菌体内につくられるもの)をつくる菌で、芽胞をつくると90℃で60分加熱しても死滅しません。

症状

この菌による食中毒は、嘔吐型下痢型があります。食中毒の原因となるのは、この菌が出す外毒素です。

  • 嘔吐型の食中毒は、この菌が食べ物の中で増殖するときに作られた嘔吐毒を食べることによって起こります。
    主な症状は、吐き気・嘔吐で、潜伏期間は30分から5時間です。黄色ぶどう球菌の食中毒に似ています。
  • 下痢型の食中毒は、この菌が腸管内で増殖するときに出す下痢毒によって起こります。
    主な症状は、下痢、腹痛で、潜伏期間は8時間から16時間です。ウェルシュ菌の食中毒に似ています。

どちらの型の食中毒も通常1日から2日で回復し、致死率は高くありません。

外毒素の特徴

  • 嘔吐毒は熱に強く、121℃で90分の加熱でも毒性はなくなりません。

自然界に広くいる菌なので、様々な食品への汚染が考えられますが、今までに起きたこの菌による食中毒では穀類及びその加工品が多くあげられています。

予防のポイント

  • 調理してから食べるまでの時間を短くすること。(加熱調理したあとでも一部残った菌が繁殖するため。)
  • 一度に大量の調理をしたあとに保存する場合は、小分けにし、早く冷やすこと。(残ったセレウス菌が殖えるのを抑えるため。)

 

 

このページの先頭へもどる

 

 

食中毒の病因物質の一覧にもどる

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa