乳幼児揺さぶられ症候群を起こさないために

掲載日:2018年4月4日

泣いてる赤ちゃんイラスト赤ちゃんスヤスヤイラスト

赤ちゃんは泣いて気持ちを伝えます。赤ちゃんは特に理由もないのに泣くことがあります。
赤ちゃんが泣いて困っても赤ちゃんを絶対に激しく揺さぶらないでください。赤ちゃんを激しく揺さぶると、脳に衝撃が加わり重い障害が残ります。これを乳幼児揺さぶられ症候群といいます。

赤ちゃんが泣きやまないときは、赤ちゃんを安全なところにあお向けに寝かせて数分間赤ちゃんから離れてみましょう。赤ちゃんは泣き疲れて眠ることがあります。

このような赤ちゃんが泣いた時の対処法などについてまとめたリーフレットを作成しました。

リーフレット

赤ちゃん抱っこイラスト

乳幼児揺さぶられ症候群についてのリーフレット「赤ちゃんが泣いて困ったら… ―乳幼児揺さぶられ症候群を起こさないために―」ダウンロードはこちら(県民局次世代育成課ホームページ)

お問合せ・連絡先

〒254-0051 神奈川県平塚市豊原町6-21 
電話  0463-32-0130  ファクシミリ 0463-35-4025 
平塚保健福祉事務所 保健福祉課 内線264、265、266

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa